ここから本文です

寺尾紗穂、新作『たよりないもののために』をリリース 新バンド“冬にわかれて”のデビュー作も発売決定

4/24(月) 16:57配信

CDジャーナル

 失われつつある全国各地の“わらべうた”をオリジナルのアレンジメントで唄う昨年発表のアルバム『わたしの好きなわらべうた』が好評、4月22日には同作の発売記念ライヴを東京・吉祥寺 武蔵野公会堂にて行ったシンガー・ソングライター寺尾紗穂が、早くもニュー・アルバム『たよりないもののために』(CD PCD-28039 2,800円 + 税)をリリース。6月21日(水)の発売が決定しています。

 通算8作目のオリジナル・アルバムとなる本作には、近年おなじみとなっている伊賀 航(b)、あだち麗三郎(dr)とのトリオ編成を中心に録音された全10曲を収録。柴田聡子、蓮沼執太、松井一平(TEASI, BREAKfAST, わすれろ草, LOCH NESS)、マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)、Linn Mori、吉野友加(tico moon)、池田若菜(Suidobashi Chamber Ensemble)といった多彩なゲストも参加しています。

 なお同日には、寺尾が伊賀、あだちと共に昨年結成した新バンド“冬にわかれて”のデビュー作となる7inchヴァイナル「耳をすまして」(P7-6221 1,700円 + 税)も完全限定生産で発売決定。「優しさの毛布でわたしは眠る」「耳をすまして」の2曲が収められます。

最終更新:4/24(月) 16:57
CDジャーナル