ここから本文です

【ライブレポート】大森靖子、2マン“キチ編”に神聖かまってちゃん「屍になりましょう」

4/24(月) 21:01配信

BARKS

大森靖子が最新アルバム『kitixxxgaia』のリリースを記念し、4月22日(土)に恵比寿・LIQUIDROOMで2マンライブ<大森靖子kitixxxgaia発売記念2マンLIVE『アナログシンコペーション』キチ編 神聖かまってちゃんxxx大森靖子>を開催した。

◆ライブ画像

この日、最初にステージに立ったのは神聖かまってちゃん。新曲「光の言葉」、ライブでの初披露となった「夕暮れの鳥」、「ロックンロールは鳴り止まないっ」などが届けられ、ラストの曲は「フロントメモリーfeat.大森靖子」。全力で歌ったの子(Vo&G)と大森は「隊長!(の子は大森をいつもこう呼んでいる)」「大島!(の子の苗字)」と互いの名前を叫び合い、満員のフロアに向かってダイブもするなど、自由奔放なパフォーマンスを繰り広げてくれた。

続いて、轟いた銅鑼の音に続いて流れた厳かなSE。真っ赤なライトに染まったステージ上にバンドメンバーの畠山健嗣(G/H MOUNTAINS)、あーちゃん(G/きのこ帝国)、えらめぐみ(Ba/股下 89・the MADRAS)、sugarbeans(Key/Tommy & Sammy)、ピエール中野(Dr/凛として時雨)が登場。そこにベールを被り、聖女のような衣装を身に纏った大森靖子(Vo&AG)も現れると、待ちわびていた観客は一斉に歓声を上げた。

そして最新アルバム『kitixxxgaia』に収録されている「アナログシンコペーション」がスタート。ピンスポットに照らされながら一心に歌い上げる大森が神々しい。弾き語りでは既に披露されている曲だが、こうしてバンドサウンドに彩られた姿も猛烈に美しかった。胸躍らせながら耳を傾ける観客、情熱的に演奏を展開するバンドメンバーたち、歌声を響かせる大森。たくさんの人々がそれぞれの形の心を重ね合う空間と化した会場内は、この曲で歌われている“ひみつきち”の密室の自由を完璧に現実のものにしていた。

歌声が真っ直ぐに迫ってきた「マジックミラー」。定番となっている振り付けを観客が大喜びしながら踊っていた「イミテーションガール」。たくさんのスティックライトがフロア内でピンク色の光を放つ風景が壮観だった「ミッドナイト清純異性交遊」。跳ね回りながら歌っていた大森が、畠山のギターアンプの上によじ登ったりもしながらハジケまくった「新宿」。お馴染みのナンバーの連発を経て迎えたインターバル。「いい顔だね」と観客を見回した大森が、観客に語りかけた。「まだまだ行ける? 私も行けるの。さっき、の子くんが“今日は土曜日で明日も休みだから今使いきって”って言ってたけど、明日もあるから(笑)。でも、毎日使いきって屍になりましょう。そういう生き方、私しかしてないの寂しいから。私もの子くんも生きる方向に変えたんだから。みんなもそうでしょ? じゃあ、生きる方向でよろしく」。

そして歌い始めたのは「ピンクメトセラ」。ファンタジー感に溢れたメロディと変拍子が絡み合うサウンドが楽しい。続く「絶対彼女」では手拍子をしながら笑顔を浮かべる観客のムードが明るい。「女子、おっさん、それ以外の人に分かれて歌うよ」と大森が呼びかけ、爽やかな「女子」、照れくさそうだが一生懸命な「おっさん」、いじられたのが妙に嬉しそうだった「ハゲ」、各々のキャラクターが滲む平和な大合唱が響き渡った。

ピアノ伴奏のみで歌い上げられた「オリオン座」が会場内のムードを瑞々しく塗り替えた後、アコースティックギターを手にした大森が歌い始めた「あまい」では歌声のトーンを多彩に変化させ、バンドサウンドの中を漂うかのように優雅に身体を揺らしていた姿が鮮烈だった。歌っている時の彼女は、演劇の一場面のようなドラマチックさを放つことが度々ある。このシアトリカルな魅力はその次の「TOKYO BLACK HOLE」でも発揮されていた。渦巻いた轟音と叫びの混沌を経てイントロへ雪崩れ込むと、突然ピリリと張りつめたステージ上の空気。歌声に耳を傾ける観客が固唾を?む様子が肌で感じられた。クライマックスに差し掛かった時、弾いていたギターをスタンドに置き、天井を仰いだ彼女のシルエットが凛々しかったのが印象深い。そして演奏が幕切れを迎えるや否や、感極まった人々の歓声がステージに押し寄せる。

フロアに投入されたマイクを廻し合いながら叫んだ観客、エモーショナルなサウンドを奏でたバンドメンバーたち、全力で歌った大森が完全に一体となっていた「音楽を捨てよそして音楽へ」で本編は締めくくられたが、興奮した人々の手拍子に応えてアンコールが行われる。大森とバンドメンバーたちに続いて「俺が時代のカリスマ、神聖かまってちゃんのの子だ!」と、の子も登場して喝采を浴びた。この2人で何を歌うのかと思っていると、ハイテンションなの子と一緒に大森が「およげ!たいやきくん」を唐突に歌い始める微笑ましい場面も。その後はもちろん大森が作詞、の子が作曲でコラボした「非国民的ヒーロー」の披露。の子が「ライブはこの1回しないんだよ。俺たちでバンドなんだよ。お前らも歌え!」と叫び、観客は汗まみれになりながら全力で大熱唱。神聖かまってちゃんのmono(Key)、ちばぎん(B)、みさこ(Dr)もステージに現れてはしゃぎまくり、陽気なお祭りムードが漂うエンディングとなった。

大森靖子は今後もバンド編成や弾き語りで精力的にライブ活動を展開し、6月2日(金)の仙台 Rensa公演を皮切りに全国ツアーの日々へと突入する。最新アルバム『kitixxxgaia』にはまだステージで披露されていない曲もあり、それがどのような形で届けられるのか期待は膨らむばかりだ。最近、ますます研ぎ澄まされている彼女のライブは、次のツアーでさらなる高みへと到達することになるだろう。

取材・文◎田中大
写真◎Masayo
編集◎BARKS

<2017 LIVE TOUR “kitixxxgaia”>
6月2日(金)仙台 Rensa/開場18:00 開演19::00
6月23日(金)福岡 BEAT STATION/開場18:30 開演19:00
7月7日(金)札幌 PENNY LANE24/開場18:30 開演19:00
7月13日(木)大阪 BIG CAT/開場18:15 開演19:00
7月14日(金)名古屋 CLUB QUATTRO/開場18:00 開演19:00
7月20日(木)東京 ZEPP Diver City/開場18:00 開演19:00

■チケット
東京公演:通常スタンディング5,500円(税込)/ 洗脳チケット(スタンディングペアチケット)10,500円(税込)
東京公演以外:通常スタンディング4,800円(税込)/ 洗脳チケット(スタンディングペアチケット)9,100円(税込)
※入場時ドリンク代別途必要

3rdアルバム『kitixxxgaia』
発売日:2017年3月15日(水)

■マグマ盤(CD)
AVCD-93627 ¥3,000
[CD収録内容]
1.ドグマ・マグマ feat.fox capture plan
2.非国民的ヒーロー feat.の子(神聖かまってちゃん)
3.IDOL SONG
4.JI・MO・TOの顔かわいいトモダチ
5.勹″ッと<るSUMMER feat.あの(ゆるめるモ!)
6.地球最後のふたり feat.DAOKO
7.ピンクメトセラ
8.POSITIVE STRESS
9.夢幻クライマックス かもめ教室編
10.オリオン座
11.コミュニケイション・バリア
12.君に届くな kitixxxgaia ver.
13.アナログシンコペーション

■ガイア盤(CD+CD+DVD)
AVCD-93624~5/B ¥4,500
[CD1 収録内容]
AVCD-93627と共通+新録弾き語り曲「M」
[CD2 収録内容]
全国ツアー「TOKYO BLACK HOLE TOUR」TOKYO●ZEPP TOKYOライブ音源
[DVD 収録内容]
1.ピンクメトセラ(Music Video)
2.勹″ッと<るSUMMER(Music Video)
3.ウエディング・ベル(Music Video)
4. POSITIVE STRESS(Music Video 完全版)
5.非国民的ヒーロー(Music Video ヒーロー版)
6.オリオン座(Music Video)
7.YABATAN伝説(Music Video/DVD Ver.)
8.ドグマ・マグマ(Music Video)

■ドグマ盤(CD+Blu-ray)
AVCD-93626/B ¥5,800
[CD収録内容]
AVCD-93627と共通+新録弾き語り曲「君と映画」
[Blu-ray 収録内容]
全国ツアー「TOKYO BLACK HOLE TOUR」TOKYO●ZEPP TOKYOライブ映像

■カルマ盤(CD+DVD)※ファンクラブ限定盤
AVC1-93628/B ¥5,000
[CD収録内容]
AVCD-93627と共通+新録弾き語り曲「ラーメンの話」
[DVD 収録内容]
ハイパーカウントダウン2016-2017@新宿LOFT、LIVE@静岡17.1.29、実験室@新宿17.1.31

【CD店舗別オリジナル特典】
TOWER RECORDS:アーティスト絵柄B3ポスター
TSUTAYA RECORDS:サインプリント付生写真1種
HMV:サインプリント付生写真1種
ディスクユニオン:ディスクユニオン限定 大森靖子デザイン☆ナナちゃんユニオンバッグ☆セット

最終更新:4/24(月) 21:01
BARKS