ここから本文です

横浜DeNAの選手寮カレーが小学校で食べられる! 「青星寮カレー」レシピ提供開始

4/24(月) 10:57配信

AbemaTIMES

 憧れのプロ野球選手が若手時代に食べたカレーが食べられる! 横浜DeNAベイスターズは、食を通した健康づくりを目的として、若手選手寮である青星寮で選手が実際に食べている「青星寮カレー」を、横浜市内学校給食実施校のメニューとして実施するためにレシピを提供することを4月24日、発表した。

 横浜DeNAと横浜市が締結したスポーツ振興、地域経済活性化などに向けた包括連携協定「I☆YOKOHAMA 協定」の一環として実施されるもので、レシピは学校給食用にアレンジされたものが、約20万人分の給食献立として提供される。

 青星寮カレーは若手選手が生活する青星寮で長年提供されてきた名物料理。寮で暮らす選手たちが、いつでも食べられるよう飽きのこないシンプルな味に仕上げ、数々の名選手の胃袋を支えてきた。2016年シーズンからは横浜スタジアムでも販売を開始し、選手が食べているものと同じ味を楽しめると、ファンからも好評だ。

 実施日・実施エリア

 5月15日(月):鶴見区、神奈川区、港北区、青葉区、都筑区などの全部または一部 全 78 校
 5月16日(火):西区、中区、南区、保土ケ谷区、旭区、戸塚区、泉区、瀬谷区などの
全部または一部 全 88 校
 5月22日(月):保土ケ谷区、旭区、緑区、青葉区、都筑区などの全部または一部 全 79 校
 5月25日(木):中区、南区、港南区、磯子区、金沢区、戸塚区、栄区などの全部または一部 全 96 校
 ※横浜市内市立小学校及び義務教育学校前期課程を 4 つのエリアに分けて実施
 ※特別支援学校は別途実施日を決めて実施
 横浜DeNA今永昇太投手のコメント
 
 今回このようなかたちで、横浜市の学校給食に青星寮のカレーが提供されることになり、嬉しく思います。たくさんの野菜などが入って栄養満点で、僕もいつも、美味しく食べています。野菜が苦手な子供たちも食べやすく感じるはずです。子どもたちは成長時期でもあると思うので、青星寮カレーを食べて大きくなってください。また、今回の取り組みでベイスターズに興味を持ってもらい、横浜スタジアムに応援しに来てくれたら嬉しいです。

最終更新:4/24(月) 10:57
AbemaTIMES

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/19(木) 23:50

Yahoo!ニュースからのお知らせ