ここから本文です

「赤ちゃんは諦めろ」って言えますか? 精子を他人に提供する、ドナーの声

4/23(日) 23:21配信

BuzzFeed Japan

精子提供の問題を「タブーにしてはいけない」

いま、精子提供の現場に大きな変化が起きている。朝日新聞によると、2003年と比べて第三者の精子を使って人工授精(AID)に取り組む医療施設が、26ヶ所から7ヶ所に減少している。
子どもに精子提供者の情報を知らせる「出自を知る権利」が世界的に認められつつあり、トラブルを避けるため、精子提供者が減っていることが、減少の背景にあるという。このことが遠因となって、インターネットを介して募集する個人精子バンクを利用する人がいる。【BuzzFeed Japan / 井上 昌也】

誰もいない渋谷を見たことある? 一瞬だけ現れた美しい光景

Aさんは、インターネットで個人精子提供を行う20代前半の精子ドナーだ。匿名を条件にBuzzFeed Newsのインタビューに答えた。
「自分のやっていることが正しいとは思っていません。ただ、一部では本当に必要としている人がいる。だから、この問題をタブーにしてはいけない。(精子提供について)もっと議論をしてほしい」と言葉を慎重に選びながら、Aさんは話す。
インターネット上で精子提供を求める人とやりとりを重ね、実際に会い、自らの精子をボランティアで提供する。なぜ、Aさんは精子ドナーになったのだろうか。

「(精子の)需要と供給がつりあっていない」

Aさんは一年前、知人に誘われたことをきっかけに、医療機関を通じて精子を提供し始めた。「無精子症などの人を助けたかった」。しかし、Aさんは医療機関で精子提供を続けるにつれ、あることに気がついた。
それは、日本産科婦人科学会によってAIDの実施が「法的に婚姻している夫婦」のみに制限されていることだ。そのため、独身女性や婚姻関係にない同性愛カップル、事実婚の人は医療機関から精子提供を受けることができない。
そのため、婚姻関係にある夫婦以外で子どもを望む人々は、個人精子バンクに頼らざるを得ない。
さらに、医療機関から精子提供を受けられる夫婦であっても、個人精子バンクを利用する人もいる。「AIDに取り組む施設は減少しています。だから、精子提供されるまでの待ち時間が長いんです」とAさんはその理由を話す。
女性は、年齢を重ねると極端に妊娠の可能性が低くなり、長い時間を待つことができない。そのため、より早く精子を受け取ることができる個人提供者に頼ることになる。
Aさんは必要としている人に精子が届いていない現状を「需要と供給がつりあっていない」と話す。

1/2ページ

最終更新:4/23(日) 23:21
BuzzFeed Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ