ここから本文です

SENSORS IGNITION 2017 展示エリアレポート~パートナー企業&スタートアップ編

4/24(月) 16:00配信

SENSORS

3月23日に虎ノ門ヒルズにて行われた『SENSORS IGNITION 2017』では、様々なジャンルのプロダクトやサービスの展示が行われ、我々の目を楽しませてくれていた。この展示エリアの模様を2回に分けてレポート。今回は「スポンサーゾーン」「スタートアップゾーン」の模様を紹介する。(数値などは3月23日取材当日時点のもの)

【画像19+2動画】「SENSORS IGNITION 2017 展示エリアレポート~パートナー企業&スタートアップ編」画像一覧

【スポンサーゾーン】

■ 「映像×AI顔認証」「AI笑顔採点ゲーム」(NEC)

顔認証技術「NEC NeoFace(R)」を用い、映像を通して人物の特定や映像コンテンツの分析を行うサービスを展開。さらにその技術を応用して、認証された顔の表情を読み、笑顔を採点することができる「AI笑顔採点ゲーム」を提供している。笑顔を判断することでそこに移されたユーザーの満足度を解析することが可能になった。


■VRコンテンツ制作オーサリングツール(オートデスク株式会社)

『VR 3.0』と銘打ってAutodesk社が紹介していたのは、VR空間内で複数人数がコミュニケーションできるデモ。二人が同時にVR空間に入り、お互いの存在を感じながらモノを投げたり受け取ったりするもの。リアルタイムレンダラー「Autodesk VRED」と、ゲームエンジン「Autodesk Stingray」で制作されたハイエンドコンテンツだ。「個人の体験を共有できないこと」が課題としてあげられることの多いVRに対しての、Autodesk流ソリューションといえるだろう。展示ブースは常に行列が出来ており、新しいコミュニケーション可能なメディアとしてのVRの可能性を発見した来場者も多かったという。


■イベント主催者の悩みをすぐに解決できるイベントプラットフォーム(イベントレジスト株式会社)

「イベントはもっと楽になる。」とブース配布資料にも銘打たれた、誰でもイベントの告知・事前決済や申込み・ 参加者管理が出来るサービス。カンファレンス、ライブ、パーティー、講演会など様々な活用シーンが想定される。(SENSORS IGNITIONのチケット販売でも当サービスを活用)


■InterBEE2017:11/15-17幕張(InterBEE)

新しいサービスを展示する総合メディア展。2020年に向けて、「新しいメディアの可能性を世界に伝えよう」をスローガンに毎年11月開催。2016年には1,090社が出展し、38,047名が足を運んだ、世界が注目する最先端技術と日本の動向を伝え、世界の期待に応えるべく業界全体を盛り上げている。

1/4ページ

最終更新:4/24(月) 16:00
SENSORS