ここから本文です

【Moto2】アメリカ決勝:中上貴晶3位で表彰台獲得。モルビデリ圧巻、無傷の開幕3連勝

4/24(月) 3:25配信

motorsport.com 日本版

 4月23日(日)、MotoGP第3戦アメリカGPのMoto2クラスの決勝が行われ、フランコ・モルビデリ(Marc VDS Racing)が開幕戦での自身初優勝から、無傷の3連勝を果たした。

【リザルト】Moto2クラス第3戦アメリカ:決勝暫定結果

 レースは、アメリカのテキサス州オースティン、快晴のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われた。

 ポールポジションのモルビデリは順調にスタート。4番グリッドの中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)は良いスタートを決め2番手を伺ったが、1周目を4番手で終えた。

 2周目、アレックス・マルケス(Marc VDS Racing)がチームメイトのモルビデリをオーバーテイクし、トップを奪った。中上はトーマス・ルティ(CarXpert Interwetten)にオーバーテイクを許すが、3周目の1コーナーですぐさま抜き返した。

 3番手マッティア・パッシーニ(Italtrans Racing Team)を抜きにかかった中上は、コースから押し出されるような形になり、5番手までポジションを落とした。マルケスもコーナーで止まりきれずオーバーラン。トップから中上の前、4番手となった。

 6周目に入り、モルビデリはペースを上げ、ファステストを記録。後続を引き離しにかかった。7周目には、4番手のパッシーニが1コーナーで転倒を喫し、中上が4番手に浮上した。

 決勝でのMoto2コースレコードを更新する走りで、モルビデリは後続とのリードを約1秒まで広げていった。2番手ルティから、4番手中上まではほぼ等間隔で続いた。

 レースが折り返しを過ぎた11周目、マルケスがルティから遅れ始め、中上が完全にマルケスを射程圏内に捉えた。

 逃げを打ったモルビデリだが、じわじわとルティが0.5秒までギャップを詰めていった。モルビデリもこれに反応し、決定的な距離まではルティを近づけない。

 残り7周、バックストレート前の11コーナーでマルケスのインをついてパスした中上は、直線でマルケスに前に出られたものの、ストレートエンドのブレーキングで粘り、再びオーバーテイク。表彰台圏内の3番手まで浮上した。

 残り3周に入り、トップのモルビデリと2番手のルティのギャップは約1秒。ルティの後ろ、中上までは2.5秒の差が開いた。

 結局、モルビデリはそのままトップでチェッカー。これでモルビデリは開幕から無傷の3連勝となった。2位のルティも、自身初めての3連続表彰台となった。

 中上は、3位で表彰台を獲得。0周リタイアに終わった前戦アルゼンチンGPの悔しさを払拭し、ポイントランキングでも6位から4位に浮上した。

 長島哲太(SAG Racing Team)は、19位でフィニッシュ。ポイント獲得は届かなかった。

松本和己