ここから本文です

11.2MHzネイティブ再生に対応する、audio-opusのDAP「OPUS#3」

4/24(月) 22:04配信

Stereo Sound ONLINE

先着30セットは専用レザーケース付き

 e☆イヤホンは、エムエムシー企画が輸入、販売する韓国audio-opusのDAP(デジタル・オーディオ・プレーヤー)「OPUS#3(オーパススリー)」を5月6日に発売するとアナウンスした。4月29日よりe☆イヤホン各店で予約を開始する。オープンプライスで、e☆イヤホンのWeb店舗価格は9万9800円(税込、ポイント10%付与)。

 また、先着30セット限定で専用レザーケース(5980円、税込)がプレゼントされるキャンペーンも実施する。

 OPUS#3は、2016年に登場した「OPUS#1」(5万9790円、税込)、「OPUS#2」(19万8000円、税込)につづく第3弾のミドルクラスモデルだ。

 DACチップはバーブラウンPCM1792Aを搭載。そこにXMOS社製xCORE-AUDIOプロセッサーを組合せ、ハイレゾ音源はネイティブで最高DSD 11.2MHz、PCM 192kHz/24bitまでの再生をサポートする。また、USB DAC機能を備えているのも特徴だ(DSDは5.6MHzまで)。

 Android 5.1.1をベースに、音質や操作性を追求したという独自仕様のOSを採用。そのため、Google Play経由のアプリ導入は非対応だが、音楽ストリーミングサービスSpotifyの本機専用アプリをプリインストールしている。

 2.4GHz帯のWi-Fiを内蔵し、DLNAに対応。家庭内ネットワークに接続したNASからの音楽再生もできる。また、Bluetooth Ver.4.0も採用している。

 メモリーは64GBを内蔵。さらに、最大256GBをサポートするmicroSDカードスロットを備えている。

 内蔵バッテリーは約4時間の充電で約8.5時間の連続再生が可能だ。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:4/24(月) 22:04
Stereo Sound ONLINE