ここから本文です

GRADOの限定ヘッドホンGH2、「春のヘッドフォン祭」でお披露目

4/24(月) 22:07配信

Stereo Sound ONLINE

ハウジングにはココボロ材を使用し、国内限定150台

 アメリカの音響機器ブランド・GRADO(グラド)から、同社オーバータイプヘッドホンの限定バージョンの第2弾となる「GH2」が、4月29日より販売される。価格は6万9800円(税別)で、日本国内限定150台。同日より中野サンプラザで開催される「春のヘッドフォン祭2017」のナイコムブースで国内初展示となる。

 GH2は、ハウジングに異種材料を組合せる同社が得意とするハイブリッド構造を採用した開放型ヘッドホン。リミテッドエディションの第1弾「GH1」はメープル材を採用していたが、今回は中南米を原産とするココボロ材を使用。

 ココボロ材とは、ひじょうに硬度が高く見た目の模様も美しいことから、楽器や家具、チェスの駒などにも使われている赤褐色の木材だ。

 搭載されるドライバーは、ココボロ材とのマッチングを考慮して専用設計されたダイナミック型。ダイヤフラム(振動板)の口径はGH1よりも拡大されて47mmとなり、周波数特性は14Hz~2.8kHzまでをカバーする。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:4/24(月) 22:07
Stereo Sound ONLINE