ここから本文です

厚生労働省の新部署「アルコール健康障害対策推進室」にネット炎上

4/24(月) 16:20配信

AbemaTIMES

(C)AbemaTV

 今月初め、厚生労働省 に新部署が新設。それが「アルコール健康障害対策推進室 」だ。世界的にお酒による健康被害の対策が進む中、日本でのアルコールに対する正しい知識の啓蒙などが主な業務だという。

 このニュースが発表されると「タバコの次はアルコール規制がくる?」「物価上昇させたいのが見え見え」と、ネットは大炎上。

 さらに、6月には改正酒税法が施行される。これは、お酒の行き過ぎた安売りに規制をかけ、お酒の値段を上昇させるものである。もしかすると「飲み放題」が消えてしまうかもしれないと言われている。

 居酒屋にいる人に意見を聞くと「ちょっとありえないですね。お酒大事です。週に2~3回飲まないとやっていけないからさ。飲み放題である程度元を取らないと、月々のやりくりが大変」といった声や「給料が安いので飲み放題しか無理です!サラリーマンだと酔いつぶれたい時とかあるので」などと、反対派が多かった。

 一方で「飲み放題はよくない!みんなおカネ気にしないで飲んじゃうからダメだよ。起きたらみんな男の人の家にいる(笑)」と、飲み放題規制に賛成する女の子もいた。また「飲み放題規制に反対!でも今後酔っ払いで警察の方々は楽になるだろうなと思う」と答えた女性に、その理由を聞くと「2回留置場に入りました」と驚きの答えが。女性によると、タクシーは寝ている人を起こすことができないらしく、目が覚めたら留置場にいたという。

 お店側の意見はどうなのだろうか。居酒屋店員は「ラストオーダーで飲みもしないのにめっちゃ頼むやつ。で、お会計して戻ったら、ドリンク飲まずに置いてっちゃってるみたいな。それ嫌ですね」と飲み放題規制に賛成。飲み放題規制したら売り上げはどうなるのか、と質問すると「売り上げは確実に上がるんで、どの店舗も同じ条件なら全然問題はない」と回答した。

 賛否が分かれる議題だが、お酒好きにとっては悲報だろう。厚生労働省の新部署「アルコール健康障害対策推進室」の今後の活動に注目したい。(AbemaTV/『AbemaWaveサタデーナイト』より)

最終更新:4/24(月) 18:40
AbemaTIMES