ここから本文です

収納のプロが伝授! キッチン棚を整理する10のコツ

4/24(月) 21:40配信

ELLE ONLINE

キッチンの収納棚を開けるのが毎回なんとなく億劫だったり、開けるたびにツナ缶が落っこちてきて頭にぶつかる……というなら、収納を見直すべきとき! 本来あらゆるモノを詰め込まなくてはならないのが収納棚だから、散らかりがちなのは当然のこと。ところが、収納棚を整頓するのは案外とても簡単らしい。NY在住の収納エキスパート、ナンシー・ヘラーが伝授してくれた、キッチンにおける10の収納テクをUS版『エル・デコ』からお届け。

パーフェクトな収納棚とは?

きちんと整理されたキッチンの収納棚を想像してみよう。その理想のキッチンは、現状とはほど遠いかもしれない。でも、諦めないで! これから教えるステップを踏めば、きっと理想のキッチン像に辿り着けるはず。

【ステップ1】まず、すべての棚を空っぽにする

収納をすべて空っぽにするのには、ストレスが伴うかもしれない。でも、これが唯一“何を捨てるべきか”を定めるための方法。例えば、消費期限の切れたスパイス(半年から1年過ぎたスパイスは買い換えて!)が、棚の奥の四隅に隠れているかもしれない。「すべてのモノを棚から引っ張り出して、何を持っていて、何が不要なのかを見極めて」と収納エキスパートのヘラー。

【ステップ2】滅多に使わない食材はまとめる

滅多に使わないスパイスや食材は、シューズボックスなどの箱にまとめて、それぞれ見やすい場所にラベルを貼って。何十年かに一度のタイミングであのレシピを開く際に、ボックスの中のラベルを覗けば中に何が入っているかがひと目で分かるように整理を。

【ステップ3】お菓子を焼く材料は一番上に収納を

21世紀の今、パイを頻繁に焼くという人はほとんどいないはず。それならば、かさばるお菓子の材料を手に取りやすい場所にしまっておく理由はない。「製菓材料、それに予備のアイテム(ストックの砂糖やジップロックなど)は、戸棚の一番上にしまって」とヘラーはアドバイスする。

【ステップ4】回転台をフル活用

スパイスの収納に便利な回転台は、シェリー酒やオリーブオイルなど普段使いのボトルの収納にも便利。十分な高さのある収納の下方に回転台をセットし、ボトル類を収納するといい。

1/2ページ

最終更新:4/24(月) 21:40
ELLE ONLINE

Yahoo!ニュースからのお知らせ