ここから本文です

黒部市の働き方改革 職員が職場の環境づくり提案/富山

チューリップテレビ 4/24(月) 21:04配信

 『働き方改革』が全国的な関心事となる中、黒部市職員の有志のグループが職場の環境づくりに関する報告書を市長に提出しました。
 報告書は、黒部市職員の有志6人がまとめたもので、24日は座長を務めた中湊栄治財政課主幹などのメンバーが、堀内黒部市長に報告のポイントを説明しました。

 報告書は、近年、住民ニーズが多様化・高度化していることを踏まえ、それに応えられる人材の育成をテーマに作られました。
 中では若手の段階から家庭との両立を見据えた自らの意識づけがはかられるよう、支援体制を整備するよう提案しています。
 また、業務の見直しと効率化を進めて長時間労働を削減するためには、仕事の平準化や業績評価を担う管理職のマネージメント力がカギになると指摘しています。
 ワーキンググループは、今後も女性管理職の登用やワーク・ライフ・バランスなどをテーマに、働きやすい職場環境づくりに向けた活動を続けたいとしています。

チューリップテレビ

最終更新:4/24(月) 21:04

チューリップテレビ