ここから本文です

フランス、ドイツ、オランダがワールドグループ残留 [フェド杯テニス]

4/24(月) 19:03配信

THE TENNIS DAILY

 フェドカップ・ワールドグループ・プレーオフ(4月22、23日)が世界各地で行われ、昨年準優勝国のフランス、ドイツ、オランダがワールドグループ残留を決めたが、過去4度優勝のロシアはホームでベルギーに敗れて2部降格が決まった。

ベラルーシが驚きの勝利、スイスを破って史上初の決勝進出 [フェド杯ベラルーシ対スイス]

 また、ワールドグループ2部プレーオフでは、イタリア、ルーマニア、オーストラリア、カナダが勝利をおさめている。

※[ ]数字はシード順位、◎は開催国

     ◇   ◇   ◇

【ワールドグループ・プレーオフ】

◎フランス[1] 4-0 スペイン

◎ロシア[2] 2-3 ベルギー

◎ドイツ[3] 3-2 ウクライナ

オランダ[4] 3-2 ◎スロバキア

------------------------

【ワールドグループ2部プレーオフ】

◎イタリア[1] 3-1 台湾

◎ルーマニア[2] 3-2 イギリス

オーストラリア[3] 4-0 ◎セルビア

◎カナダ[4] 3-2 カザフスタン

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:STUTTGART, GERMANY - APRIL 23: (L-R) Laura Siegmund, Carina Witthoeft, Angelique Kerber, Julia Goerges and Barbara Rittner of Germany celebrate victory during the FedCup World Group Play-Off match between Germany and Ukraine at Porsche Arena on April 23, 2017 in Stuttgart, Germany. (Photo by Simon Hofmann/Bongarts/Getty Images)

最終更新:4/24(月) 19:03
THE TENNIS DAILY