ここから本文です

【Moto3】鳥羽海渡、アメリカズGPで2度転倒しリタイア「こういう失敗がないようにする」

4/24(月) 16:15配信

motorsport.com 日本版

 MotoGPアメリカズGPのMoto3決勝レースで、Honda Team Asiaの鳥羽海渡は転倒、リタイアとなった。

【Moto3】アメリカズGPMoto3クラス決勝リザルト

 現地時間午前11時から行われた決勝レース。9列目27番グリッドからスタートした鳥羽は、3周目の14コーナーでハイサイドを起こし、転倒してしまう。

「序盤にポジションを上げることができたのですが、もっと攻めようと思ってアクセルを早く開けすぎて、ハイサイドになってしてしまいました」

 このクラッシュについて、レース後に鳥羽はそうコメントしている。

 鳥羽のクラッシュによりレースは赤旗中断。仕切り直しとなる。この間に鳥羽はなんとかピットへ戻り、マシンを修復して最後尾ながら再開後のレースに参加。しかし今度は2コーナーで再び転倒を喫し、無念のリタイアとなった。

「チームががんばってマシンを修復してくれたのですが、再開後のレースではフロントに違和感が残っていて、2コーナーで再び転倒してしまいました。予選での転倒と低いグリッド位置が決勝の結果を導いてしまったと思うので、次からは絶対にこのような失敗をしないようにします」

 チーム監督の岡田忠之は、アメリカズGPの鳥羽について、「良い経験にしてほしい」と語る。

「チームの努力でマシン修復が間に合って、鳥羽は再開後のレースにピットレーンスタートながら参加できました。しかし、バイクが完ぺきな状態ではなく、フロントに違和感が残っていたために、転倒してしまったようです。今回は厳しい結果になりましたが、いい経験として今後のレースに活かしてほしいと思います」

 鳥羽のチームメイトであるナカリン・アティラプワパは、最後尾の32番グリッドからのスタートだったにもかかわらずレースを生き残り、24位でチェッカーを受けた。

「スタートが上手く決まったので序盤からグループについて行こうとしたのですが、少しずつ離されてしまいました。前に追いつくためにがんばっていたとき、ハイサイドであやうく転倒しそうになり、もうダメかと思ったのですが、なんとか転倒を逃れることができました。その後は集中力を維持することが難しかったのですが、最後まで走りきることができてよかったです。今日のレースは、とてもいい経験と教訓になりました」

 アティラプワパはそうコメントを残している。

 Moto3の次戦はスペインGP。5月5日から3日間の日程で行われる。