ここから本文です

崖下に車転落死傷 落石でエアバッグ作動か「運転席前見えず」/秩父

4/24(月) 22:34配信

埼玉新聞

 22日に埼玉県秩父市浦山の県道で軽乗用車が崖下に転落して4人が死傷した事故で、助手席に乗っていた男子大学生(18)が「走行中に衝撃を受けて運転席側のエアバッグが開き、前が見えなくなった」と話していることが24日、秩父署への取材で分かった。

 捜査関係者によると、現場近くの路上には、卵形で幅約50センチの石が落ちていた。道路左側の斜面からの落石とみられ、軽乗用車にぶつかって対向車線にはみ出した際、運転席側のエアバッグも開いたとみられる。

 同署は死亡した運転手の無職柏木海渡さん(18)がエアバッグの作動で、視界を遮られた可能性があるとみて調べている。

最終更新:4/25(火) 6:34
埼玉新聞