ここから本文です

22得点のメルテンス退団は問題ナシ? ナポリ会長「他チームだったらこんなにゴールは決まらない」

4/24(月) 16:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

放出に応じる姿勢か

イタリアのナポリで会長を務めるアウレリオ・デ・ラウレンティス氏が、退団の噂されるベルギー代表FWドリエス・メルテンスについて語った。

ドリブルを十八番としていたサイドアタッカーは今季より中央のポジションへコンバートされ、ここまでセリエA30試合出場22ゴールと大爆発。新たな才能が開花したメルテンスに対してはイングランドのトッテナムやマンチェスター・ユナイテッドといったクラブが今夏の獲得を目指しているとされ、満了まで残り1年と迫るナポリとの契約を延長するかどうかは微妙な状況だ。

そんな中、ラウレンティス会長は現在の市場におけるメルテンスの人気はあくまでマウリツィオ・サッリ監督のおかげだと強調した。伊『Rai』が伝えている。

「メルテンスは今後どうするかをまだ曖昧にしている。クラブも様子を見ている段階だ。彼が多くの問い合わせを受けているのは、ゴールを量産しているからであって、それを実現させたのはサッリだよ。他の監督や異なる同僚とプレイしていたら、こんなにゴールは決まらないだろうね」

基本的に同会長は去る者を追わない主義のようだ。

「ここを出て行きたいと思う人間がいるなら、我々は対処するまでだ。ナポリという街を愛せず、馴染めなかった人間に対し、私はこう告げるよ。出て行きなさい。誰がいつまでも居て欲しいと言ったんだ?」

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1