ここから本文です

プレミア2連覇がかかるカンテがPFA年間最優秀選手賞を受賞 同僚アザールや神様イブラを退ける

4/24(月) 16:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

豊富な運動量と献身的なプレイでチェルシーの中盤を牽引

PFA(イングランド・プロサッカー選手協会)が23日に年間最優秀選手賞の受賞者を発表し、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテが選出された。

選手たちの投票によって決定されるPFA年間最優秀選手賞。今回の最終候補には、チェルシーのチームメイトであるエデン・アザールやトッテナムのハリー・ケイン、エヴァートンのロメル・ルカク、マンチェスター・ユナイテッドのズラタン・イブラヒモビッチ、アーセナルのアレクシス・サンチェスらが残っていたが、彼らを退けて見事カンテが受賞した。

現在26歳のカンテは昨季、豊富な運動量と献身的なプレイでレスター・シティの奇跡のプレミアリーグ制覇に貢献。すると、不振に陥ったチェルシーが1年での再起を図るために、昨夏の移籍市場で彼を獲得した。リーグ戦32試合を戦い終えた時点で31試合に出場しており、新天地チェルシーでも不動のMFとして活躍。チームも2位トッテナムと勝ち点4ポイント差で首位を走っており、個人としてはプレミアリーグ2連覇が手の届く位置まできている。

はたして、年間最優秀選手賞を受賞したカンテは、チェルシーを王者へと返り咲かせることができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合