ここから本文です

パス成功率は驚異の96%! レアルが最後まで捕まえられなかった“名脇役“のクロアチア代表MF

4/24(月) 17:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

得点だけにとどまらず

23日に行われたレアル・マドリードとバルセロナのクラシコでは、やはりバルセロナのエースであるリオネル・メッシが注目を集めた。そのパフォーマンスはもはや異次元のレベルにあり、レアルの選手もファウルなしでは止めることができなかった。結局セルヒオ・ラモスはメッシへのタックルで退場処分を受けており、メッシは今回の主役と呼ぶにふさわしいパフォーマンスだった。

想像の遥か上をいくメッシ、“クラシコ”で通算500ゴール達成

しかし、主役の隣で密かに目立っていた男の存在も見逃すべきではない。その選手とは、MFイヴァン・ラキティッチだ。ラキティッチは左足で強烈なミドルシュートを叩き込んでおり、バルセロナの勝利に大きく貢献した選手だ。しかし、活躍はミドルシュートだけではない。

この試合ではレアルのアンカーを務めるカゼミーロがメッシをマークしていたため、その周りにいたラキティッチが自由になる機会が目立った。センターバックのラモスがラキティッチの対応に引っ張られる場面もあり、ラキティッチの存在は実に効果的だった。

ラキティッチもやりやすかったのか、英『Squawka』によればパス成功率は驚異の96%を記録している。加えてクロスも6本記録しており、レアルにとっては捕まえづらい厄介な存在だった。ミドルシュートも見事だったが、ラキティッチのシンプルな繋ぎはバルセロナにリズムをもたらしたはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合