ここから本文です

サコとベンテケの“謎のセレブレーション“にリヴァプールサポーター激怒 「敬意を欠いている」

4/24(月) 20:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

屈辱の敗戦

23日にホームでクリスタル・パレスと対戦したリヴァプールは、屈辱的な敗戦を喫してしまった。1-2で敗れたこともそうだが、クリスタル・パレスの2得点は昨季までリヴァプールに所属していたFWクリスティアン・ベンテケが決めたものだ。

イングランドの“最高傑作”デル・アリが今季も圧巻のプレイ 2年連続PFA年間最優秀若手選手に輝く

ベンテケはユルゲン・クロップのスタイルにはフィットせず、昨夏にクリスタル・パレスに移籍。リヴァプールにもロベルト・フィルミーノやディボック・オリギがいるため、スタイルに合わないのであればベンテケの放出も仕方がない。しかし、その選手に2得点も決められるとなれば少々複雑だ。

さらにリヴァプールサポーターを刺激したのがクリスタル・パレスDFママドゥ・サコだ。サコもクロップの下では構想に入れず、今冬にクリスタル・パレスへ移籍。ただしベンテケと違うところは、サコがレンタル移籍であることだ。しかし、サコは得点を奪ったベンテケと独特なセレブレーションを披露した。これに一部のリヴァプールサポーターから苦言が出ているのだ。

英『Daily Mirror』によると、サポーターからはサコのセレブレーションについて「サコはまだリヴァプールの選手だ。あのようなセレブレーションをすべきではない。敬意を欠いている」、「ベンテケは売った。そして得点を決めてもセレブレーションしなかった。サコはローンだ。得点にも関わっていない。だがパーティを始めた。馬鹿げている」など批判が出ている。

サコとしてはリヴァプールを苦しめることができて満足したところがあるかもしれないが、リヴァプールサポーターは不満に感じたようだ。トップ4入りへ向けて格下に敗れたこともストレスだが、よく知った2人にやられたことでさらなるストレスとなってしまった。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合