ここから本文です

劇団新感線の東京限定公演を生中継

4/24(月) 13:00配信

Lmaga.jp

現在「IHIステージアラウンド東京」(東京都江東区)で上演中の、劇団☆新感線『髑髏城の七人 Season花』。劇場構造が特殊なことから東京限定となっているこの公演のライブビューイングが5月15日、全国の映画館で公開される。

【写真】新感線35年を振り返る写真やぶっとんだ衣裳

『髑髏城の七人』は、新感線が7年に一度再演する特別な作品。戦国時代末期の関東を舞台に、織田信長の家臣だった3人の男たちが、各々の信念に従って戦う姿を描いている。派手なアクションが多い上、小栗旬や山本耕史など、人気俳優たちの熱演も話題だ。

今回の大きな注目点は、円形劇場の中央に客席を配置し、舞台がそれを取り囲むという劇場構造。シーンが変わる際は、次の芝居が展開される位置まで客席全体が回るという仕組みだ。リアルなセットを通常の劇場よりも多数設置できるので、より物語の世界をダイナミックに楽しめる。

本劇場のこけら落としとして、1年3カ月にわたりおこなわれる今回のロングラン公演。その特殊性ゆえ、ほかの劇場では再現が難しく、地方公演なし&全公演前売即完売ゆえに、涙を飲んで観劇をあきらめたファンも多い。今回のライブビューイングは、新感線37年の歴史のなかで、意外と初めての試み。文字通り血湧き肉躍る活劇の迫力や、ラストにひろがる圧倒的な風景など、映画館でも十分楽しめるはずだ。チケットは4500円で、5月9日から発売される。

文・写真/吉永美和子

最終更新:4/24(月) 13:00
Lmaga.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ