ここから本文です

世界なミニチュア消防車が200台、大阪で

4/24(月) 19:00配信

Lmaga.jp

世界各国の希少なミニチュア消防車、約200台が集結した『世界の消防車の歴史ミニカー』特別展が、「大阪市立阿倍野防災センター」(大阪市阿倍野区)で現在開催中。色や形、年代だけでなく、ストーリー性を持たせた展示なども楽しめる。

【写真】1920年代のフランス・プジョー救急車のミニカー

地震や火事などを体験しながら学習できる「大阪市立阿倍野防災センター」。ここの一角に展示されるのは、ミニチュアコレクターの本田義博さんが長年かけて収集したミニチュア消防車。本田さんは元消防士で元大阪市消防局職員、プライベートでは日本バードカービング(野鳥彫刻)協会副会長と多才でユーモアあふれる人物だ。自身で所有するミニチュアは消防車をはじめ、パトカー、救急車、乗用車、F1、飛行機など2000点以上。バードカービング(野鳥彫刻)を含め、大阪市内でテーマに合わせたいろいろな展示に協力しているんだとか。

今回展示されたミニチュア消防車は、はしご車やクラシックモデルだけでなく、イタリアやフランス、ドイツなどヨーロッパ、アメリカなど世界各国のもの。本田さんは「ヨーロッパは狭い路地でも入れるようコンパクトに、アメリカは頑丈で大きいなど、消防車はその土地の気候や風土に合わせて作られている。日本でも各消防本部によって作り方が微妙に違う。それが収集したくなる理由です」と、その奥深さを語る。ミニチュア展は常時開催され年に1度、消防車が入れ替わる。

取材・文・写真/岡田由佳子

最終更新:4/24(月) 19:00
Lmaga.jp