ここから本文です

『小さな巨人』岡田将生、悪役ぶりが話題に「非現実的なくらい感じ悪い」

4/24(月) 12:15配信

クランクイン!

 連続ドラマ『小さな巨人』(TBS系/毎週日曜21時)の第2話が23日に放送され、第1話のストーリーから大きく展開、ミステリアスな雰囲気を醸し出したことで反響を呼んでいる。また、要所で登場し“嫌な奴”を演じる岡田将生の演技に関心を寄せる声も多く上がっている。

【関連】長谷川博己、岡田将生らが出席した『小さな巨人』制作発表フォトギャラリー


 表向きは解決したかにみられたゴーンバンク社社長の誘拐事件だが、所轄の香坂(長谷川博己)は誘拐犯・風見の供述や、風見の娘が以前、社長の息子と関係を持ちながらも自殺したという事件に関し、事件には裏があると踏んでゴーンバンク社の防犯管理室に向かう。そこで香坂らは防犯管理担当・池沢菜穂(吉田羊)から、女性の自殺当日の記録には、あきらかに自殺としか判断できないという記録を提示される。

 しかし腑に落ちない香坂は、新たな証拠を入手すべく奔走、執拗に監視を進める捜査一課長の山田(岡田)に頭まで下げ、遂に池沢から受け取った証拠が偽装されたものであることを突き止め、ゴーンバンク社を追い詰める。しかし、あと一歩というところで、岡田の横槍によりまたもヤマを奪われ、しかも池沢の供述にもゴーンバンク社からの妨害を受けてしまい、香坂ら所轄は再び苦汁を飲まされることとなる…。

 第2話の展開では、長谷川演じる所轄の課長が、執念で次々と新たな事実を発見。さらに同じ警察の中での確執やゴーンバンクという会社の疑惑などが複雑に絡み、思わぬ方向へ向かうストーリー展開に、ツイッターでは「小さな巨人はミステリー色が強くなったな」「自殺じゃなくて殺人事件になってしまったぁ」「うぉー!繋がり始めたぞ!」とかなり物語に引き込まれている様子の声が上がっている。

 一方、事件に進展を見せる香坂の、あと一歩というところで邪魔をしてくる山田役の岡田の演技に対して「山田のポジショニングがもういちいち面白い」「岡田くんちょっと非現実的なくらい感じ悪いな」「岡田君は役の幅が広がるね。観てる人をムカつかせるのも立派なお芝居」とその筋金入りの悪役ぶりに注目する声も多く寄せられている。

最終更新:4/24(月) 12:15
クランクイン!

Yahoo!ニュースからのお知らせ