ここから本文です

LiLiCo、初の始球式で剛速球炸裂!先生はあの投手の息子だった?

4/24(月) 9:00配信

ベースボールキング

同じマンションに住む10歳の少年の正体は…

 23日、神宮球場で「ジョア ローズナイター」と題して行われたヤクルト-広島戦の始球式に全国放映中の「ジョア ローズ&カシス」新TV-CMのナレーションを行う、LiLiCoさんが登場した。

 今回、始球式初挑戦となるLiLiCoさんは、ノーバン投球を目指し気合にみなぎる様子で球場入り。本人達ての希望により、始球式前には投球練習を実施するなど、気合の入りよう。指南役には、WBCで活躍したヤクルト・秋吉亮が登場した。

 初めは惜しいワンバン投球だったが、数球なげると、美しい弧を描き、キャッチャーへノーバン投球をするLiLiCoさん。驚く秋吉選手からは、「ノーバン狙うのであれば、上の方を狙うように」と熱いアドバイスが。チーム関係者・報道陣からも思わず拍手が出るほどだった。練習後には、「35年ぶりにボールを持って、どうなるかと思ったけれど、
まっすぐ投げられてよかった。プロレスラーとしてダンベルだったりを持って鍛えてた甲斐があった!笑」と満足げな様子。秋吉も「ノーバンいけますよ!」と太鼓判を押した。

 本番では、野獣のように大きく振りかぶると、観客からはどよめきが。気迫のこもった一球は惜しくもワンバウンド。「気持ちがいいです。ノーバウンドで行きたかった。すごく練習したので。」と悔しがるものの、「まっすぐいったので満足。100点でいい」と清々しく話した。

 実はLiLiCoさん、この日の始球式に向けて、ある先生に教わっていたいう。LiLiCoさんは、同じマンションに住む、いつもキャッチボールで遊んでいた10歳の男の子に「教えて」と懇願。「その子がお父さんを連れてきたんですが、それが(ヤクルトの)石川(雅規)投手だった」のだ。「来たのがエースですよ?同じマンションに住んでいるんです。これを機に教えてもらい。仲良くなりました」と明かし、報道陣を驚かせた。

LiLiCoとつば九郎が結婚?

 始球式後の囲み取材では、ヤクルトのマスコット・つば九郎との絶妙なやりとりも。

 『ジョア ローズ&カシス』を意識し、始球式とはうってかわってピンクのエレガントなドレス姿で登場したLiLiCoさん。「プロポーズとかされちゃうかな~」と話すと、まさかの薔薇のブーケを持ったつば九郎が膝まずいて求婚。これにはLiLiCoさんも驚きを隠せない様子で、「それだけでも来て良かった。(相手は)もう人間じゃないんですね。でも、私も“野獣”ですので、もはや人間じゃない相手」と爆上しながらも快諾した。

 しかし、つば九郎の求婚の理由は「おかねもってそう」「やしなって」。LiLiCoさんは「まかせとけ!」と頼もしい返答だった。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報