ここから本文です

【白球つれづれ】宴の後遺症?

4/24(月) 19:15配信

ベースボールキング

白球つれづれ2017 ~第8回・侍ジャパン~

 ペナントレースが開幕して、まもなく1カ月が経とうとしている。最大の異変はパ・リーグ。何せ昨年のAクラスとBクラスが逆転。楽天、西武、オリックスが元気で、日本一の日本ハムが最下位に沈み、オープン戦を快走したロッテは貧打に泣き、巨大戦力のソフトバンクもエンジンがかかりきらない。

 このままの流れで最後まで推移するとは思えないが、どうしてこんな事態が生まれたのか? 原因は3月に行われたワールドベースボールクラシック(WBC)にある、と指摘する関係者は多い。

パ・リーグでは……

 日本ハムの中田翔は開幕直後に右足内転筋挫傷でファーム調整を余儀なくされ、この23日の西武戦から戦列復帰したが打率は.176で本塁打ゼロ(数字は24日現在、以下同じ)だ。これに大谷翔平の離脱も含めると去年の破壊力など望むべくもない。

 ロッテの石川歩は開幕から3連敗で防御率7.62。「抑え方がわからなくなった」の言葉を残してファーム落ち。

 ソフトバンクでは若きエース・武田翔太が右肩に違和感を訴えてこちらも二軍調整中(1勝1敗、防御率5.91)。担当記者によれば「WBCの補充メンバーとして急遽、呼ばれたこともあって(一回り大きい)ボールの違いが影響したよう」と話す。

 打者では元気印の松田宣浩に快音が聞かれない。打率は.192で本塁打はゼロだ。

セ・リーグの主軸も…

 セ・リーグに目を転じてみよう。こちらも侍ジャパンの主砲たちが苦しんでいる。昨年の本塁打、打点の二冠王である筒香嘉智(DeNA)は目下、20試合70打数アーチなしで打率も.243と低空飛行が続いている。WBCで.320、3本塁打、8打点と大活躍したのが遠い昔のようだ。

 ヤクルトの山田哲人も開幕ダッシュに失敗した一人。こちらも打率が伸び悩み.224で2本塁打だからこの調子がしばらく続くようなら3年連続のトリプルスリーに黄信号が灯りかねない。

かつての代表コーチも「難しい面はある」

 一連のWBC後遺症とも言えるスランプはどうして起こったのか?2013年の代表チームのヘッド兼投手コーチを務めた東尾修に聞いてみた。

 「個人差もあるので一概には言えない」と断りながら担当の投手部門の調整の難しさを指摘する。

 「本大会に入るといつ投げるかわからないスクランブル発進も出てくる。本来、先発の投手がリリーフに回るケースもある。もちろんボールの違いに悩むやつもいる。通常の年より難しい面があるのは確か」

 投手なら巨人の菅野智之や西武の牧田和久、打者では巨人の坂本勇人、広島・菊池涼介らは侍ジャパンと変わらぬ働きを見せている。なるほど後遺症が全員に及んでいるわけではない。

1/2ページ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/19(木) 10:20