ここから本文です

Official髭男dismの選曲「踊りたいときに聴く3曲」とは?

4/25(火) 11:30配信

TOKYO FM+

4月19日にサードミニアルバム『レポート』をリリースしたばかりのOfficial髭男dismが、TOKYO FMの番組に出演。「躍りたいときに聴くプレイリスト」3曲を紹介してくれました。

アーティストやクリエイターが普段どんな曲をどんなときに聴いているのか、覗き聴きしていく「LISTEN! MY PLAYLIST」のコーナー。バンド名に、髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたいという意思を込めたという、Official髭男dism。ボーカルの藤原聡さん、ギターの小笹大輔さん、ベースの楢崎誠さん、ドラムの松浦匡希さんが選んでくれたプレイリストは、「躍りたいときに聴く」3曲です。


◆「IN THE STONE」(Earth,Wind & Fire)

藤原「Official髭男dism、通称『ひげだん』と言えば、踊れる音楽が大好きで大好きでしょうがないという4人組の集まりですが、この曲はひげだんのテーマソングと言っても過言ではないですね。バンドマンはクルマで移動することが多いんですが、クルマの中って眠たいじゃないですか。それで後ろで寝ているメンバーもこの曲のイントロがかかると……」

松浦「飛び起きる!」

藤原「飛び起きて、躍り出す(笑)。それくらい踊りに対する強制力が高いですね。イントロからぶち上げるという言葉がぴったりな、パーティチューンです。小躍りしながら聴いてほしいですね」


◆「24K Magic」(Bruno Mars)

楢崎「イントロ、すごいヤンチャ感だね(笑)」

小笹「チャラい(笑)」

藤原「ブルーノ・マーズはただもんじゃないね。僕は個人的にシンガーとしても尊敬しています。この曲はブルーノの一番新しいアルバムの1曲目なのですが、ヤンチャな人になった気持ちで聴いてもらえるといいんじゃないかな」


◆「Cake By The Ocean」(DNCE)

藤原「初来日のライブを観に行きました。CDはスタジオ盤ならではの打ち込みが混ざったモダンな音色なんだけど、ライブはもうロック。ちょっと新しめなサウンドで格好いいけど、ライブは音の説得力みたいなものがあって、さらに格好良かった。ボーカルが日の丸のハチマキをして現れたり、おちゃめだし、演出も良かったですね」

松浦「この曲は彼らの代表曲だね。キャッチーだし、一緒に歌いたくなるよね」

藤原「本当に素晴らしい曲ですね」


2015年にファーストミニアルバム『ラブとピースは君の中』でデビューしたOfficial髭男dism。ブラックミュージックをルーツに、新時代のJ-POPバンドとして人気急上昇中。4月19日には、サードミニアルバム『レポート』を発売。6月からは神奈川・東京・愛知・広島・大阪での単独ツアーも始まります。詳しくは、Official髭男dismのオフィシャルサイトをご確認ください。

(TOKYO FM/FM OH! の音楽ワイド番組「LOVE CONNECTION」のコーナー「LISTEN! MY PLAYLIST」4月24日放送より)

最終更新:4/25(火) 11:30
TOKYO FM+