ここから本文です

【MLB】快投のダルビッシュ、手術後最多の8回113球に「次の日が怖かった(笑)」

4/25(火) 9:04配信

Full-Count

5安打2失点の快投で2勝目、ブログで一夜明け報告「起きて何もなく安心しました」

 23日(日本時間24日)の本拠地ロイヤルズ戦で今季5度目の先発マウンドに上がり、8回113球を投げて5安打2失点8奪三振1四球の快投で2勝目(2敗)を挙げたレンジャーズのダルビッシュ有投手。3回に2者連続ソロ本塁打を浴びて先制を許したが、その後は危なげない投球。8イニング、113球はいずれも右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)から復帰後最多となったが、登板翌日も問題がなかったことを報告した。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 ロイヤルズ戦では、2点リードの7回終了時点で99球に達していたダルビッシュだが、8回も続投。最後はムスタカスを97マイル(約156キロ)の直球で二ゴロに打ち取るなど、球威は衰えず、113球を投げきった。試合後の会見では、7回終了時にブロケイル投手コーチに意思を確認されていたことを明かした日本人右腕。「『どうする?』と聞いてきたので、『全然まだまだいけます』と自分から言いました」と、続投を“志願”したという。

 昨年5月にトミー・ジョン手術後の長いリハビリから復帰し、ポストシーズンも含めこれが23試合目の登板となったが、8イニング&113球は最多。24日にブログを更新したダルビッシュは2勝目を報告し「途中2者連続ホームランを浴びてしまいましたが、そこから攻める気持ちをさらに強く持てたことがそのあと立て直せた要因ですかね」と綴った。

 さらに「それと手術後最多の8イニングと113球を投げることができました! 家に帰ってからは次の日が怖かったです(笑)」と胸の内を明かしたが、一夜明けても患部に問題はなかった様子。「起きて何もなく安心しましたが(^^)」と報告している。

 今季はサイ・ヤング賞の有力候補にも挙げられるが、5試合終了時点で2勝2敗、防御率3.03。ブログでも「また次の登板までにさらに調子を上げていきたいと思います」と誓っており、より力強い投球が見られそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/25(火) 10:08
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/25(月) 20:05