ここから本文です

鉄スクラップ、国内市況下落続く

4/25(火) 12:22配信

日刊産業新聞

 関東では電炉メーカーが22日および24日入荷分から鉄スクラップ炉前購入価格をトン500―1000円引き下げた。地区メーカーの鉄スクラップ炉前購入価格(H2)はトン2万6000―2万8500円前後で、中心値は同2万6500―2万7000円前後。地区メーカーへの入荷はスムーズで、在庫水準は高い。5月で炉休に入るメーカーもあり、さらなる需給緩和を想定する向きもある。東鉄の引き下げで高値が修正されており北関東と南関東メーカーの炉前購入価格の差は縮小してきている。

最終更新:4/25(火) 12:22
日刊産業新聞