ここから本文です

乃木坂・衛藤美彩が写真集をリリース「疲れたときに触りたいお尻」

4/25(火) 19:15配信

AbemaTIMES

 25日、乃木坂46の衛藤美彩の写真集『衛藤美彩写真集 話を聞こうか。』(講談社刊)が発売され、都内でお渡し会が開催された。

 落ち着いた年上キャラとして「みさ先輩」の愛称で親しまれている衛藤。タイトルを考案した秋元康氏は「ファンのみなさんが衛藤の話を聞こうか、という意味」と説明したというが、衛藤に「握手会が好きなので、私がファンの皆さんのお話を聞く、という意味も込めています」。
 
 撮影は今年2月、“ファンにバレないように“密かにオーストラリアのシドニーで行われた。「一度行ってみたかったんです。乃木坂の誰もまだ降り立ったことがないので」と、衛藤自ら選んだという。

 「道路も木も大きくて、みなさん時間に負われていない、ゆったりしていて。真夏だったんですけど、大雨の予報が出てしまって。でも、シャッターを切る瞬間は、全部晴れたんです。面白いように雲が逃げていきました」。3月に写真集をリリースした秋元真夏の場合、撮影時だけ雨に見舞われた。衛藤は「真夏っていう名前なのに、別の意味で持ってる(笑)」。

 写真集には本人が「期待されてそうな」とコメントしていた水着やランジェリーでのカットもあり、発売前からファンの間で話題を呼んでいた。コットン素材のランジェリーを着用したカットの撮影を振り返って、「かわいくて、実際買いたいと思いました。メンバーの齋藤飛鳥も“気に入った“って」。

 一番のお気に入りのカットとして紹介したのも、やはり後ろを向いたセクシーなカット。

 「お尻ですかね(笑)。色んな表情を付けたくて、自分でニットをめくってみようかなって。メンバーの新内眞衣がお尻フェチなんですけど、目を潤ませながら“これは最高“って。女性にそう言ってもらえて嬉しいですね」。

 「レッスンのときに、いつも北野日奈子に触られるんです。疲れたときに触りたいお尻なのかも」。ただ、そんなチャームポイントも、メンバーの松村沙友理には叶わないと感じているようで「松村のお尻は安心感があるんですよ。負けちゃうかな…。でも、まだ世に出てないので、今のところ一番でいさせてください(笑)」。

1/2ページ

最終更新:4/25(火) 20:55
AbemaTIMES