ここから本文です

ブッフォンがバルザーリに引退を勧める!? まもなく36歳DFの頭の中に“引退”の2文字なし

4/25(火) 18:31配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ベテラン2人はジョークを飛ばしてお互いの気合を高め合う?

ユヴェントスの元イタリア代表DFアンドレア・バルザーリが、自身の引退などについて語った。

これまでイタリア版『BBC』の一角を担い、欧州屈指の守備を支えてきたバルザーリ。ユヴェントスの3バックには、なくてはならない存在であった。だが、今季半ばからマッシミリアーノ・アッレグリ監督が新システム[4ー2-3-1]を採用したことで、CBのバルザーリは途中出場の機会も増えてきている。

そんな中、バルザーリが伊『PREMIUM SPORT』のインンタビューで「まだやれると思っている間は、プレイし続けるつもりさ」とコメント。その上で引退時期について「もし誰かが僕にチームを離れるように言ってきたら、『もう十分だ』と伝えるつもりだけどね」と述べており、現時点ではまだその意思がないことを明かした。ただ「ブッフォンはいつも(ジョークで)『引退すべきじゃないの』って言いてくるんだけどね」とも話し、ユヴェントスで最年長の2人(ブッフォンは39歳、バルザーリは35歳)はジョークを飛ばしてお互いの気合を高め合っているようだ。

そして、バルザーリは「僕たちはまだ、3つの大会すべてで勝ち残っている。僕らは偉大なチームだし、すべての大会でうまくいくように、そして勝利するためにみんなが全力を尽くしているよ」と今季残りの試合への意気込みも語っている。

はたして、ユヴェントスはすべてのコンペティションを制し、3冠を成し遂げることができるのか。5月に36歳の誕生日を迎えるバルザーリだが、間違いなく彼の力が必要となってくることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/