ここから本文です

ラプターズが3勝目、ウィザーズを下したホークスは対戦成績を五分に/プレーオフ1回戦

4/25(火) 18:33配信

バスケットボールキング

 4月25日(現地時間24日)にNBAプレーオフ1回戦第4、5戦が各地で行われた。

【インタビュー】『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』の主題歌を歌う『GRANRODEO』の谷山紀章がプレーオフを展望

 ホームのエア・カナダ・センターに戻ったイースタンカンファレンス3位のトロント・ラプターズは、同6位のミルウォーキー・バックスから3勝目を挙げ、準決勝進出に王手をかけた。第1クォーター残り8分1秒に9-11と2点のビハインドを背負ったが、そこからデマー・デローザン、ノーマン・パウエル、デマーレ・キャロルを中心に攻撃を展開。17-0のランで相手を突き放すと、最初の12分間を31-20と2ケタリードで終える。すると、序盤で勢いに乗ったラプターズは徐々に点差を広げ、最終スコア118-93の25点差で快勝した。パウエルは3ポイントシュート4本中4本の成功を含む25得点を記録してチームをけん引した。

 イースタンカンファレンス5位のアトランタ・ホークスはホームで同4位のワシントン・ウィザーズを下し、対戦成績を2勝2敗の五分に戻した。97-93で迎えた試合終了残り4分58秒にポール・ミルサップがファウルを受けながらシュートを成功させると、フリースローからも加点して点差を伸ばす。さらにその後、デニス・シュルーダーが3ポイントシュートを沈めてリードを広げると、これで流れをつかんだホークスが111-101で逃げきった。ここまでの3戦で計18得点のドワイト・ハワードが、16得点15リバウンドをマークする活躍を見せた。

【試合結果】
トロント・ラプターズ 118-93 ミルウォーキー・バックス

アトランタ・ホークス 111-101 ワシントン・ウィザーズ

BASKETBALL KING