ここから本文です

沖縄産業発展に尽くした古波津夫妻との別れ惜しむ  経済界ら350人

4/25(火) 17:10配信

沖縄タイムス

 拓南製鐵など11企業でつくるグループ拓伸会の会長で、県工業連合会会長などを歴任した古波津清昇さんと、妻の桂子さんをしのぶ「拓伸会 故 古波津清昇・桂子ご夫妻お別れ会」が24日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューで開かれた。経済界などから350人以上が参列し、産業発展に尽力した古波津さん夫妻との別れを惜しんだ。

 元県知事の稲嶺恵一さんはあいさつで「拓伸会を育て上げた輝かしき人生だが、むしろ苦難の連続だった。強烈な精神力でピンチをチャンスに置き換えた」と古波津さんの業績をたたえた。また「成功の陰には桂子さんの内助の功があった」とねぎらった。

 夫妻の長男で、拓南製鐵社長の古波津昇氏は「父と母が70年前から進めてきた事業と遺志を受け継いでしっかりと続けていきたい」と述べた。

 桂子さんは2月に亡くなり、その後3月に清昇さんが他界した。

最終更新:4/25(火) 17:55
沖縄タイムス