ここから本文です

NASCAR:ジミー・ジョンソン、降雨で月曜決勝となった第8戦を制す。通算82勝目

4/25(火) 13:38配信

オートスポーツweb

 モンスタエナジーNASCARカップは4月24日、第8戦ブリストルが行われ、ジミー・ジョンソン(シボレーSS)が2連勝を飾った。

【写真】トヨタ勢最上位につけたマット・ケンゼス(トヨタ・カムリ)

 NASCAR第7戦は予選が行われる金曜日から雨絡みの週末となった。この降雨の影響で予選セッションは行われず、ポイントランキング順でスタート順が確定。カイル・ラーソン(シボレーSS)が今年3度目のポールポジションとなった。

 日曜日に予定されていた500周の決勝レースも降り続く雨の影響で延期。月曜日の現地13時にスケジュールが変更された。

 迎えた決勝レース、ステージ1を制したポールシッターのラーソンは423周目のピットインでピットレーン速度違反を犯して優勝争いから脱落。466周目にはステージ2を制していたマーティン・トゥルーエクスJr.(トヨタ・カムリ)も同様のミスでポジションを落としてしまった。

 レース残り30周を切ると、トップを走るジョンソンと2番手クリント・ボウヤー(フォード・フュージョン)が接近したが、ジョンソンが1秒差で逃げ切り優勝を飾った。

 これでNASCARカップシリーズ、通算82勝目を挙げたジョンソンは「信じられない気分だ」と喜びを語っている。

「(チームオーナーの)リック・ヘンデリックの助けがなければ、ここまでの成功を収めることはできなかった。僕を信じてくれた彼とジェフ・ゴードンに感謝したい」

「また、僕やクルーチーフのチャド・ナウスが力を発揮できるよう、完璧な環境を用意してくれたヘンデリック・モータースポーツにも感謝しているよ」

 2位はボウヤー、3位はハービックが獲得。トヨタ勢最上位の4位にはマット・ケンゼスが続いた。

 モンスターエナジーNASCARカップ第9戦は4月30日、バージニア州のリッチモンド・インターナショナル・レースウェイで行われる。



[オートスポーツweb ]