ここから本文です

サトノダイヤモンド鞍上ルメール「キタサンブラックをマークしたい」/天皇賞春共同会見

4/26(水) 16:09配信

netkeiba.com

■サトノダイヤモンドに騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手

――天皇賞(春)ですね。
ルメール はい、日本で天皇賞はとても大切なレースですね。だから、ぜひ勝ちたいです。

――阪神大賞典は強かったですね。
ルメール はい、強かったです。休み明けでしたから、馬がすごく元気でした。レースのときは少しひっかかりましたが、直線での反応はよかったです。ラクに勝ちました。

――乗っていていつでも前の馬を交わせるというかんじですか?
ルメール そうです。彼はファイティングスピリットがあるから、直線ですごく頑張ってくれました。

――これまで全レースに騎乗していますね。
ルメール それはとてもいいことですね。最初から彼に乗ったから、今こうして友達になることができました。サトノダイヤモンドはチャンピオンホースになりました。今、トップレベルにいます。彼に乗るのは毎回すごくうれしいことです。

――デビュー時からどう変わりましたか?
ルメール 最初はまだ子供でした。でも、だんだん体が大きくなった。昨年の秋から大人になってパワーアップしました。

――今回のレースプランを教えてください。
ルメール まだありませんけど、キタサンブラックは一番のライバルですからマークしたいですね。有馬記念と同じくらい(の位置)で乗りたいです。キタサンブラックはスタートが速いです。いつもいいポジションをとります。サトノダイヤモンドはスタートがもうちょっと遅いですから、ミドルポジションになるね。直線でもキタサンブラックは止まらないから、勝つためにはキタサンブラックの近くに行きたいですね。

――今回は他にも強い馬が出走します。
ルメール はい、もちろん。GIですからみんなチャンスがあります。ディーマジェスティはGIホースです。シュヴァルグランは良い馬です。シャケトラもすごくよくなった。この距離でチャンスがあります。ミルコの馬(レインボーライン)もいい馬ですから。もちろんキタサンブラックは一番のライバルですけど皆勝つことにトライしていますから、危ないです。

――それでもそういう馬たちに勝てるのがサトノダイヤモンドではないのですか?
ルメール サトノダイヤモンドのポテンシャルはとても高いです。追い切りはとてもよかったです。池江厩舎のスタッフがいい仕事をしました。だから今トップコンディションになりました。天皇賞(春)は春シーズンのメインのターゲットです。

――キタサンブラックを倒すために、仕掛けのポイントはどの地点をイメージしていますか?
ルメール 直線でラストスパートの瞬発力を使いたいですね。キタサンブラックはタフな馬ですからね。

――最後にファンへメッセージを。
ルメール 天皇賞は多分今年一番のレースになります。キタサンブラックもサトノダイヤモンドもチャンピオンホースですからね。すごく楽しみです。皆さん、競馬場に来てください。サトノダイヤモンドを応援してください。ありがとうございます。

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:4/26(水) 16:45
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ