ここから本文です

LINE@でもアカウントメディアみたいなメッセージを送れる「リッチメッセージ」の作り方

4/26(水) 8:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

前回までのあらすじ……先月公開されたネッ担公式アカウント。お友だちは4月7日現在22人。ひと言も発さないアカウントとお友だちでいてくださったみなさま、お待たせしました。今回はメッセージの配信方法について聞いてきました。 写真◎吉田 浩章

というわけで小林さん、そろそろホントに何か配信しなきゃいけないので、メッセージの配信方法について教えてください。

大まかな流れとしては、管理画面からメッセージを作成して、その場で送信するか、いったん寝かせて予約投稿する……という感じです。 友だちが100人以上になると送信範囲を属性で絞り込むこともできます。

まだまだそんな身分じゃないですけど、絞り込みなんてできるんですね。

はい。友だちになってからの期間とか性別、年齢などで絞り込みができます。ユーザー属性はフォローしている公式アカウントだとか、購入しているスタンプから類推しています。

へー! スタンプから類推!? へー!

メッセージは一度に3バルーン(吹き出し)分送れるんです。バルーンが1つのときのみ、タイムラインとホームの両方に投稿できます。

ホーム? タイムライン???

どう使い分けるんですか?

プッシュでお知らせするほどでもないブログ的な情報はホームに投稿して、「新作入荷しました。来てください!」みたいな、即時性が求められる情報はトークに投稿しますね。

ホームはハッシュタグが使えますよ。ハッシュタグを使っていると、友だちになっていないLINEのユーザーさんからの流入があります。

タイムラインハハッシュタグガツカエル……?

例えば「#銀座」とか。ハッシュタグはタイムラインのメッセージには使えないので、ハッシュタグを使った投稿はホームにします。

私、リッチメッセージを作りたいんです。

リッチメッセージは疑似ですがアカウントメディアみたいな見せ方ができるんですよね。メッセージ配信自体は難しいことはないです。ベーシックプラン(月額税込5,400円)に加入すると「リッチコンテンツ作成」というメニューが左側に出てきますので、配信したいパターンに合わせて画像を作ってアップロードし、テキストとURLを設定します。コンテンツは先に作り込んでおいて、管理画面で送るタイミングを設定して送るって感じですね。

1/5ページ