ここから本文です

ディーマジェスティ二ノ宮師「若い頃の動きとは少し変わった」/天皇賞春共同会見

4/26(水) 16:36配信

netkeiba.com

 天皇賞(春)(4月30日・GI・京都芝3200m)に出走する皐月賞馬ディーマジェスティ(牡4・美浦・二ノ宮敬宇)。最終追い切り後に、二ノ宮調教師の共同記者会見が行われた。

(最終追い切りを終えて)
「今無事に最後まで追い切りができて、馬も異常ないようなので安心しております」

(追い切りの狙いは)
「先週も蛯名ジョッキーに乗ってもらいました。馬がだいぶ成長をしているので、少し強いところをやりたいということで、今日も蛯名騎手に乗ってもらって、いつものように併せ馬でやりました。調教も走りますし、強いところを一杯にできたので、これで変わってくれば良いなと思っています」

(前走の日経賞・GII・6着を振り返って)
「休み明けだったので、体は太い感じはしました。成長している部分もあるのかなとは思いますけどね。この時期になって少し動き方、アクションの仕方が、若い頃の動きとは少し変わったのかなと感じています」

(年が明けての成長は?)
「もう少し馬が伸びるのかなと感じていたのですけどね。背中から腰が少し伸びてくれると、もう少し距離が延びても大丈夫かなと思っていたのですが、意外と体型がまとまってしまった感じです。これはこれで良いでしょうけど、そうなってくると距離が問題かなとも思いますね。ただ3000mも経験していますし、問題はないでしょう」

(京都コースの適性は?)
「今回は金曜日の朝4時に出発して、土曜日の朝馬場で少し乗って調整をするつもりです。土曜日に使う馬がいますので、一緒に行きます。菊花賞の時もそうでした。気性的にも少しカリカリしているところがあるので、ゆっくり調教をしながら環境に慣らしたいと思っています」

(蛯名騎手とのコンビに期待するところは?)
「この馬を十分わかっていますので、能力を最大限に発揮して頂けるように乗ってもらいたいですし、本人が1番そう思っているでしょう」

(馬場状態、枠順に対しての注文は?)
「何もないです。(皐月賞では)18番枠でも勝っていますから。与えられたところで頑張るしかないですね」

(ファンにメッセージを)
「馬の状態は非常に良いので、何とか全能力発揮して、無事に走ってもらいたいです」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:4/26(水) 16:54
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ