ここから本文です

【K-ING】悠矢は韓国、大石はブラジル人選手を迎撃

4/26(水) 22:24配信

イーファイト

 昨年11月に発足記者会見を行った社団法人キックボクシング振興会とHOOST CUPの共催による新たな大会『STAND FIGHTING NETWORK「K-ING」』が5月28日(日)名古屋国際会議場イベントホールにて第1回大会を開催する。

【フォト】引退を決意した女子二冠王・大石は再来日のフェハスを迎え撃つ

 WBCムエタイ日本Sフェザー級王者・悠矢(NJKF大和ジム)が、2014年MKF -58kgトーナメント王者&2013年Korea Kyeoktookiライト級王者ジョング・キ・ハン(韓国/仁川ムビジム)と対戦。

“NJKFの暴れん坊将軍”悠矢が迎え撃つのは、RISEで活躍するイ・ソンヒョンやチャンヒョン・リーと同門のムビジム所属の実力者。兵役のブランクを経て再び頂点を目指し、ハードトレーニングに明け暮れているという。真正面からの打ち合いを身上とする悠矢が韓国の猛者を撃退するか、それともハンがソンヒョンやリーに続いて日本で名を上げるか。

 WBCムエタイ日本女子フェザー級王者&J-GIRLS同級王者・大石綾乃(OISHI-GYM)は、FIGHT DRAGON女子55kgブラジル王者ジェニフェル・フェハス(ブラジル/Team Brazilianthai Goes gym)を迎え撃つ。

 女子二冠王として長く活躍してきた大石は、今回の試合で現役を引退。その最後の相手となるフェハスは、HEATキックルールミドル級王者&RISEウェルター級王者ダニロ・ザノリニがブラジルから送り込む選手で、昨年11月20日にホーストカップ名古屋大会で日本初参戦。水野志保に惜敗したものの勢いと気迫の戦いで強い印象を残した選手。

 大石が有終の美を飾るか、フェハスが日本再上陸で実力を発揮するか。

最終更新:4/26(水) 22:24
イーファイト