ここから本文です

北朝鮮、6月25日前後に6次核実験強行の可能性大=CNN

WoW!Korea 4/26(水) 14:32配信

北朝鮮が25日の朝鮮人民軍創設記念日(建軍節)に核実験など軍事挑発をしないのは米中が協力、北朝鮮を圧迫したのが功を奏し、虎視耽々と核実験を狙う北朝鮮は来る6月25日前後に実施する可能性が大きいとCNNが25日(現地時間)、報道した。

 ウィルソンセンター北朝鮮学講師であるジン・リーはCNNとのインタビューで「北朝鮮はさまざまな点を考慮したのだろう」とし、「時期を調整しているだけで、いつかは6次核実験をすると見る」と予想した。

 米国の高位官僚も豊渓里(プンゲリ)核実験場を観察した結果、「新しいトンネルを掘る行動が観測された」とし、「この行動は核実験が差し迫ってはいないことを示唆する」と明らかにした。

 CNNは北朝鮮が核実験をしなかったのは、米中両国の圧迫が効果を発揮したものと分析した。中国は北朝鮮に原油供給中断など経済制裁の可能性を出しながら最大限圧迫し、米国は実際に北朝鮮を打撃するような行動を取ったことが功を奏したと伝えた。

 残るは北朝鮮が果たしていつ、6次核実験を強行するかだ。専門家たちは北朝鮮の核実験やミサイル発射は周期があると口をそろえている。祝日や外国に何かメッセージを送りたい時だ。

 北朝鮮は金日成の誕生日である太陽節(4月15日)を避けたが、翌日16日にミサイルを発射した。1日が過ぎたが、太陽節を記念したのは事実だ。また、去る2月、日本の安倍晋三総理と米国のドナルド・トランプ大統領が会談する際にミサイルを発射した。これは日米に対する警告のメッセージであった。

 CNNは朝鮮戦争勃発日である6月25日が選択できる日だと伝えた。延世(ヨンセ)大学国際大学院助教授ジョン氏は「6月25日は北朝鮮にとって重要な日であり、これを前後に核実験をおこなうかもしれない」と見据えた。彼は「6月なら空母カール・ビンソンも朝鮮半島を離れる」と付け加えた。

最終更新:4/26(水) 14:32

WoW!Korea