ここから本文です

サプライズ登壇のジョン・ウー監督、初タッグの福山雅治を絶賛!!

4/26(水) 18:22配信

Movie Walker

4月26日、映画配給会社ギャガの2017年~2018年ラインナップ発表会に、福山雅治主演の映画『追捕MANHUNT』(原題/18年公開)のメガホンを取るジョン・ウー監督がサプライズ登壇した。

笑顔で「コンニチワ」と日本語で挨拶したウー監督。本作の監督を引き受けた理由について「子供の時から日本映画が大好きでよく見ており、日本映画から様々な影響を受けてきました。特に高倉健さんや三船敏郎さんが自分にとってのアイドル的存在だった」と語った。

本作『追捕MANHUNT』は、1976年に高倉健&原田芳雄の共演で公開された佐藤純彌監督の『君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ』の再映画化。チャン・ハンユーと福山雅治のダブル主演で無実の罪を着せられた国際弁護士(ハンユー)と、彼を追う敏腕刑事(福山)が繰り広げるアクションサスペンスだ。かつて高倉と一緒に仕事をしたいと話していたが、残念ながら叶わなかった監督念願の企画でもある。

福山雅治との仕事については「福山さんは優しくて人間味のある方。彼が出演してくれたなら、さらに良い役柄になると思いました。実際に撮影中、彼の笑顔にスタッフも癒やされていました」と福山の人柄を絶賛。

オール日本ロケで行われたという今回の撮影のうち、大阪でのエピソードを披露。特に大勢のエキストラを集めた撮影では「みなさん文句ひとつ言わず、自分の望み通りに動いて下さって感謝です。現場ではご婦人に『アメちゃんやろうか?』と言われましたが、素敵な文化ですよね。また大阪で撮影したいです」と大阪独自の文化に触れたことを喜んだ。

また会場では、『追捕MANHUNT』のメイキング&特報映像が来場者のみに特別初披露された。ハンユーと福山が大阪の街中や駅中をチェイスする緊迫アクションや豪華なパーティーシーン、ジョン・ウーならではの鳩舞うアクションなど見どころの一部を目撃できた。

製作費4000万ドル、仕上げ作業真っ最中の本編に期待がかかる。【MovieWalker】

最終更新:4/26(水) 18:49
Movie Walker