ここから本文です

伸銅品生産、6年半ぶり高水準7.4万トン

4/26(水) 11:19配信

日刊産業新聞

 日本伸銅協会が25日発表した3月の生産速報によると、総生産量は前年同月比8・2%増の7万4040トンだった。2010年10月以来6年5カ月ぶりの高水準で、7万トンを超えるも14年11月以来2年4カ月ぶりだ。主要品種の需要が軒並み好調さを維持しており、銅条は約9年ぶり、銅管と黄銅棒は約6年ぶりの高水準を記録。青銅板条は15年に大手1社が撤退して以降で初めて3000トン台に乗せた。

最終更新:4/26(水) 11:19
日刊産業新聞