ここから本文です

Westone、カスタムイヤホン発表。現行のESシリーズは2万円値下げ

4/26(水) 12:11配信

Stereo Sound ONLINE

4月29日、春のヘッドフォン祭2017で発表会を開催

 テックウインドから、米国Westone(ウェストン)のカスタムIEM(イン・イヤー・モニター)の最上位モデルとなる「ES80」と、新ラインナップとなる「EAS」シリーズ、「EAS30」「EAS20」「EAS10」が発表された。4月29日より注文を受付ける。各モデルともオープンプライスで、想定市場価格は以下の通り。

●ES80
 オープン価格(想定市場価格19万8000円前後)
●EAS30
 オープン価格(想定市場価格11万8000円前後)
●EAS20
 オープン価格(想定市場価格9万9800円前後)
●EAS10
 オープン価格(想定市場価格6万9800円前後)

 ES80は、Westoneの上級ラインであるESシリーズのフラッグシップモデルだ。ドライバーはバランスド・アーマチュア(BA)型を8基搭載(低域×2、中域×2、高域×4)。高域にドライバーを4基積んだことにより、明瞭な高音が得られるという。

 新ラインナップの「EAS」シリーズは、ミュージシャン向けの製品だ。装着していても周囲の音をモニターできる「アンビエント型」構造を採用しているのが特徴。型番が表す通り、BA型ドライバーをEAS30はを3基(低域×1、中域×1、高域×1)、EAS20は2基(低域×1、高域×1)、EAS10は1基(フルレンジ)を搭載する。

 また、現行のESシリーズについては、4月29日受注分より下記の新価格が適用される。

●ES60:旧価格17万8000前後→新価格15万8000前後
●ES50:旧価格14万8000前後→新価格12万8000前後
●ES30:旧価格11万8000前後→新価格9万8000前後
●ES20:旧価格99,800前後→新価格7万9800前後
●ES10:旧価格69,800前後→新価格4万9800前後

 来る4月29日(土)、30日(日)に東京・中野サンプラザで開催の「春のヘッドフォン祭2017」ではWestoneブースが出展され、今回発表されたモデルを含む全機種が試聴できる。また、29日の15:00から会場内6Fチャペルにて新製品発表会を催すとのことなので、興味のある方は足を運んで欲しい。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:4/26(水) 12:11
Stereo Sound ONLINE