ここから本文です

今季プレミアで大健闘のウェストブロム EURO2016制覇に貢献した“守備職人”を獲得か?

4/26(水) 0:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

大型補強の実現となるか?

今季のプレミアリーグ33試合消化時点で、8位につけているウェストブロムウィッチ。直近のリーグ戦では3連敗を喫しているものの、同リーグ第29節と第30節ではアーセナルやマンチェスター・ユナイテッドに1勝1分の戦績を収めるなど、健闘を見せている。こうした状況のなか、来季以降の戦力強化にむけた動きが水面下で進んでいるようだ。

同クラブが現スポルティング・リスボン所属MFウィリアム・カルバーリョの獲得を検討していると、英『THE Sun』が伝えている。高身長で屈強なボランチの獲得を熱望するトニー・ピューリス監督(ウェストブロムウィッチ)は、同選手を視察する目的でポルトガルのプリメイラリーガ第30節スポルティング・リスボン対ベンフィカの試合を観戦。なおかつ同選手の獲得にむけ、同クラブが2500万ポンド(約35億円)を捻出する構えを見せていると同紙が報じている。

持ち前の広範囲にわたるカバーリングや屈強な体躯を活かした守備で、昨年のポルトガル代表の欧州選手権優勝に貢献したウィリアム・カルバーリョ。アーセナルやリヴァプールも食指を動かしていることが同紙で報じられているが、同選手はどのような決断を下すのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合