ここから本文です

アストンマーティン、6リッターV12エンジン搭載の「新型ヴァンキッシュS」発売!価格は3457万円から

4/26(水) 11:14配信

オートックワン

4月24日、アストンマーティン新型「ヴァンキッシュS」が発表された。

ヴァンキッシュSには、クーペおよびヴォランテの2モデルを設定。ベース価格は3457万9982円とし、納車は5月から開始される予定だ。

>>新型「ヴァンキッシュS」を写真でチェック!


スタイリッシュなデザインを特徴とする究極のスーパーGT、ヴァンキッシュSは、エンジン、シャシー、エアロダイナミクスを大幅に強化することによって動力性能にさらに磨きをかけ、これまで以上にスリリングなドライブ体験を提供する。

アストンマーティン社長兼最高経営責任者(CEO)のDr.アンディ・パーマー氏は「私たちの新しいスーパーGT、ヴァンキッシュSを日本のお客様にお披露目することができて、大変嬉しく思います。ヴァンキッシュSは、新型DB11とは明確に差別化され、アストンマーティン・ラインアップの中で独自の存在感を放っています。あらゆる面で目を見張るような性能を発揮するこのクルマは、弊社のラインナップに加わった極めて魅力的なモデルであり、日本のお客様にも気に入っていただけると確信しております」とコメントした。

ヴァンキッシュSは、588PSを発生する6.0リッターV12エンジンを搭載し、0~100km/hをわずか3.5秒で加速、最高速度は323km/hに達する。この究極のスーパーカーは、8速Touchtronic IIIトランスミッション、4本出しのエキゾーストパイプ、エンジンのエアフローを改善する改良型のインテークマニホールドを装備した。

ヴァンキッシュSは、カーボン製のスーツで覆われた新しい空力パッケージによって、従来のモデルと容易に識別することができる。2×2ツイルと呼ばれるカーボンファイバーを採用したフロントスプリッターとリアディフューザーは、エクステリアデザインのアクセントとなっているだけでなく、高速安定性を改善する効果も備えている。


4本出しのエキゾーストパイプをはじめとするよりアグレッシブな外観により、ヴァンキッシュSは、アストンマーティンのもっとも魅力的なスポーツGTにふさわしい仕上がりを見せている。

インテリアでは、フィオグラフキルトデザイン(オプション)、バング&オルフセンオーディオシステム、新しいサテライトナビゲーション付きAMi III インフォテインメントシステムといった豪華なインテリア装備を特徴としている。

最終更新:4/26(水) 11:14
オートックワン