ここから本文です

世界のエリート特殊部隊、ベスト8

4/26(水) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

各国が誇るエリート特殊部隊。彼らは、最も訓練され、最も恐れられる存在だ。

他の部隊が出動をためらうような場所に出向き、敵を見つけ出して戦い、大胆な救出作戦をやってのける。

彼らはまさに、エリートの中のエリートだ。

ランク付けすることは極めて難しいが、いくつかの部隊は、実績と敵に与える恐怖心の面で他を圧倒した。

厳選され、さらに激しい訓練を繰り返している彼らは、大規模な部隊が、もはやその有効性を示しにくくなっている現代の戦場において、唯一、その責務を果たし得る存在となっている。

8位 パキスタンの特殊部隊SSG(Special Services Group)。

同国では隊員が身に付ける独特な帽子に由来した「ブラック・ストークス(黒いコウノトリ)」という呼び名で知られている。訓練にはフル装備での、12時間内での36マイル(約58km)走破、50分内での5マイル(8km)走があると伝えられる。

2009年10月、パキスタン陸軍総司令部が治安部隊を偽装した武装集団に襲撃される事件が発生。SSGは人質救出作戦を展開し、タリバンと思われる武装集団を制圧、人質約40人を救出した。

7位 スペイン海兵隊特殊作戦班UOE。

志願者による水陸両用部隊として1952年に創設された。

UOEへの入隊は、志願者の7~8割が不合格になるという狭き門。全員が不合格になることも珍しくない。

6位 ロシアのアルファ部隊。

1974年、KGBによって創設され、現在は、ロシア連邦保安庁に所属している(編集部注:ロシアの特殊部隊は、他の部隊も含めて『スペツナズ』と総称される。映画や漫画にもしばしば登場する)。

アルファ部隊は2002年、チェチェンの武装集団が起こしたモスクワ劇場占拠事件の際にガスを使用。武装集団を制圧したが、結果的に120人あまりの人質も犠牲となり、非難を浴びた。

5位 フランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)。

人質救出を主な目的とする200人ほどの部隊。1973年に創設されて以来、600人以上の人質を開放している。メンバーの顔写真を公開することは、フランスでは法律違反となる。

GIGNの歴史において最も特筆すべきエピソードは、1979年、サウジアラビのメッカで起きたアル=ハラム・モスク占拠事件。キリスト教徒はモスクに入ることができないため、3人の隊員が一時的にイスラム教に改宗し、サウジアラビア軍の奪還計画を支援した。

1/2ページ