ここから本文です

チキパ、北総線の春まつりはアドリブと遊び心全開の駅員仕様

4/26(水) 19:52配信

Billboard Japan

 今回で19回目となる北総鉄道の春の風物詩【ほくそう春まつり】が、4月23日に千葉ニュータウン中央駅で開催された。イベントを盛り上げる特設ステージには、LinQや風男塾、神宿、Devil ANTHEM.、そして嘉門達夫も登場。さらに4月26日に「Shout along!」をリリースするCheeky Paradeも姿を見せ、“千葉ニュータウン中央駅前の重力に仕事をさせないライブパフォーマンス”で、集まった観客の視線を釘付けにした。

Cheeky Parade【ほくそう春まつり】写真(全23枚)

 正午を過ぎ、太陽が最も高い場所へと登りつめる時間帯。ジグソーパズルの最後の1ピースをはめるかの如く、このタイミングにステージへと迎え入れられたのがチキパだ。出演各アイドルのファンと北総線沿線の住民、そして臨時列車も走るということで鉄道ファンも詰めかけて、ステージ前は観客でぎっしり。7人は、「無限大少女∀」のイントロと、アイドルファンにとって“コールの教典”ともいえる「チキパmix」を受けて勢いよく飛び出してくる。この盛り上がりをもってすれば、太陽すらも7人を照らすスポットライト代わりでしかない。

 ところで、ステージ上に立ったチキパは、北総鉄道のイベントということで7人中5人が駅員の帽子を着用した駅員仕様。普段とは違った姿に、イベントに足繁く通っている常連ファンを喜ばせる。なお、駅員の帽子を着用するというアイディアは、MCで本人たちも語っていたように、本番10分前で急遽決めたという彼女たちのアドリブと遊び心の産物。手持ちの撮影データを確認しても、12時15分の段階では、ステージ裏で頭に帽子を乗せて集合写真を撮っていた彼女たちだが、その後、12時22分に撮影された写真では、しっかりと帽子を被った(しかも落ちないようにガチガチにピンで固定した)渡辺亜紗美、鈴木友梨耶、溝呂木世蘭の3人が、小鷹狩百花の吹くホイッスルに合わせて謎のポーズをとっている。お遊びで被っていた駅員帽子が、チキパの本気(マジ)へと変わるまで10分弱。面白いことを思いついた際の彼女たちの瞬発力は本当に恐ろしいものがある。

1/2ページ

最終更新:4/26(水) 19:52
Billboard Japan