ここから本文です

BLUE ENCOUNTの選曲「心熱くなる女性アーティストの3曲」とは?

4/26(水) 11:30配信

TOKYO FM+

4月26日にニューシングル「さよなら」をリリースするBLUE ENCOUNTが、TOKYO FMの番組に生出演。「心熱くなる女性アーティストプレイリスト」3曲を紹介してくれました。

アーティストやクリエイターが普段どんな曲をどんなときに聴いているのか、覗き聴きしていく「LISTEN! MY PLAYLIST」のコーナー。この日は音楽界の松岡修造と称されたポジティブ・バンド、BLUE ENCOUNTから、ボーカル田邊駿一さんとベースの辻村勇太さんが生出演! リスナーのみなさんへ、午後のテンションを上げてほしい!と選んでくれたプレイリストは、「心熱くなる女性アーティストプレイリスト」3曲です。


【田邊駿一さんの選曲】
◆「IS IT YOU?」(hitomi)

田邊「これは竹野内豊さんと広末涼子さんが主演したドラマ『できちゃった結婚』の主題歌だったんですが、ドラマの中の良いシーンで、サビがいつもかかるんですよ。それがいいんです」

LOVE「テレビ、けっこう観るの?」

田邊「僕、テレビっ子なんですよ。ドラマは毎シーズンチェックして観るほど大好きなんです」


【辻村勇太さんの選曲】
◆「Life Goes On」(Fergie)

辻村「自分の中で女性の曲ってキュートで明るくてかわいらしい感じというイメージなんですが、この曲は『お前ら、人生は流れて行くぜ』みたいな、熱いことを言ってるんです。自分はそれがグッときました」

LOVE「洋楽、けっこう聴く?」

辻村「大好きです。曲を聴いて歌詞の意味を知るのがすごい好きなんですよ。この曲は最初のAメロで、『毎朝目が覚めると、コーヒーの裏を見て占いをする』みたいなことを言っていて、なんておしゃれなんだ!と思って。日本人と違う観点だなと」

田邊「普通は『めざましテレビ』だね」

辻村「そうでしょ、星座でしょ! かに座が何位かな?って。それがコーヒーの裏でやるって、おしゃれ!」

LOVE「(笑)。歌詞まで掘り下げて聴くんですね。楽器をやる人だと音のほうに耳がいくことが多いんだけど、歌を聴いて弾くベーシストなんですね」


【田邊駿一さんの選曲】
◆「FREEDOM FIGHTERS」(SCANDAL)

田邊「BLUE ENCOUNTの初期、地元の熊本でやっていた時代に、同じタイトルの曲をやっていたことがあるんです」

辻村「俺も知らない曲。途中加入したから」

田邊「このタイトルが発表されたとき、俺とギターの江口とドラム高村で顔を見合わせましたね。俺らが熊本時代に、けっこう好きだった曲なんです」

LOVE「そうなんだ! 今度、ライブでやりなよ!」

田邊「やりますか!?」

辻村「俺知らないから、ちょっと歌ってみて!」

田邊「えー! ♪フリーダムファイターズ!って歌です(笑)。音源にもなってないので、やってみたいですね」


5月3日から公開される映画「ラストコップ THE MOVIE」の主題歌シングル「さよなら」が、4月26日に発売。5月以降、全国のロック・フェスに続々出演が決まっています。詳しくは、BLUE ENCOUNTのオフィシャルサイトをご確認ください。

(TOKYO FM/FM OH! の音楽ワイド番組「LOVE CONNECTION」のコーナー「LISTEN! MY PLAYLIST」4月25日放送より)

最終更新:4/26(水) 11:30
TOKYO FM+