ここから本文です

ティームがエドマンドを下して3回戦へ [バルセロナ/男子テニス]

4/26(水) 17:55配信

THE TENNIS DAILY

 スペイン・バルセロナで開催されている「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」(ATP500/4月24~30日/賞金総額232万4905ユーロ/クレーコート)のシングルス2回戦で、第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)がカイル・エドマンド(イギリス)を6-1 6-4で下して3回戦に駒を進めた。

杉田がガスケ相手に会心の攻撃的テニス、会場から“スギタ・コール” [バルセロナ・オープン・バンコサバデル]

 ティームはエドムンドが握った6つのブレークポイントのすべてをセーブし、今年19番目の勝利を挙げた。世界9位のティームは2月のリオ(ATP500)でタイトルを獲得している。

 一方、ラッキールーザーで出場した日本の杉田祐一(三菱電機)は、第9シードのリシャール・ガスケ(フランス)に対して4-6 6-3 7-6(3)で勝利を収めた。虫垂炎の手術から回復してまもないガスケにとって、これはここ2ヵ月で初の大会だった。

 第8シードのアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)は第3セットで一時1-3とリードされながらも挽回し、2013年大会の準優勝者であるニコラス・アルマグロ(スペイン)を7-6 (4) 4-6 6-4で下した。

 ケビン・アンダーソン(南アフリカ)は第13シードのダビド・フェレール(スペイン)を6-3 6-4で倒した。

 一方、1回戦を戦ったロジェリオ・ドゥトラ シルバ(ブラジル)はレンツォ・オリーボ(アルゼンチン)を6-1 6-1で下し、前年度覇者のラファエル・ナダル(スペイン)が待つ2回戦へ進んだ。

 第1シードのアンディ・マレー(イギリス)は、水曜日の2回戦でバーナード・トミック(オーストラリア)と対戦する。トミックはダスティン・ブラウン(ドイツ)を7-5 4-6 6-2で下して勝ち上がった。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: MONTE-CARLO, MONACO - APRIL 19: Dominic Thiem of Austria plays a backhand against Robin Haase of the Netherlands in his second round match on day four of the Monte Carlo Rolex Masters at Monte-Carlo Sporting Club on April 19, 2017 in Monte-Carlo, Monaco. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:4/26(水) 17:55
THE TENNIS DAILY