ここから本文です

【インタビュー】「デリバリーお姉さん」が連ドラに! 街の便利屋お姉さん、今回の依頼内容は?

4/26(水) 19:41配信

トレンドニュース(GYAO)

少しひねくれた先輩お姉さんのエリー(岩井堂聖子)と、就職活動を間近に控えた新米お姉さんのマコ(木竜麻生)のデコボココンビが、ちょっぴり変わった依頼を解決していくさまを描き出した「デリバリーお姉さん」(2016年正月にtvkにて放送)の連続ドラマ化が決定!「デリバリーお姉さんNEO」のタイトルで4月25日より毎週火曜よる11時、tvk系列で放送開始。さらにGYAO!での独占配信展開も決定している。

2分でわかる「デリバリーお姉さんNEO」>>

本ドラマでは、映画「妖怪大戦争」の川姫役でスクリーンデビューし、数々の映画、ドラマに出演している岩井堂聖子がエリーを、そして新人ながら来年公開の瀬々敬久監督「菊とギロチン」のヒロインに選ばれた木竜麻生がマコを熱演している。そこで前作よりさらにパワーアップした「デリバリーお姉さんNEO」の見どころを二人に聞いた。

■「デリバリーお姉さん」というタイトルを聞いてドキッ

――「デリバリーお姉さん」というタイトルにドキッとする人もいそうですが。はじめに聞いた時はどう思いました?

岩井堂: 「初めて聞いたのは本読みの時でした。ただ、『タイトルが誤解を受けそうなので、“エリーとマコ“みたいなタイトルに変えるかもしれない』と言われて......。インパクトが強いのにもったいないと言ったら、じゃあ「デリバリーお姉さん」でいきましょうとなりました。わたしはこのタイトル、すごく気に入っています。聞いたら忘れられないですよね!」

木竜: 「確かに最初はそういうイメージを持たれるかもしれないですね(笑)。かなりキャッチーなタイトルですが、最初のスペシャルドラマを放送した時も面白いと言ってもらえたのでいいかなと思いました」

岩井堂: 「間違いじゃないですから(笑)」

木竜: 「ちゃんと『お触り禁止』という言葉も書いてあるので、それも印象に残りますよね(笑)。ぜひどんな内容か見ていただきたいです」

――そんな「デリバリーお姉さん」の続編が決まりました。

岩井堂: 「前作はほとんど自主制作のような形で作られたドラマでしたが、テレビで放送され、今回続編として連続ドラマ化の話をいただいた時はとてもうれしかったです。麻生(まい)ちゃんとも続編をやりたいねと言っていて。前は衣装も自前だったんですけど、あの時着ていた衣装も大事にとっておいたんです」

木竜: 「続編が決定し、しかも連続ドラマということで、毎週見ていただくことができる。とにかくうれしいことばかりです」

1/3ページ

Yahoo!ニュースからのお知らせ