ここから本文です

僧侶が酒気帯び運転、容疑で逮捕 武雄署

4/26(水) 18:34配信

佐賀新聞

 武雄署は25日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、武雄市の僧侶(32)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は25日午後10時40分ごろ、武雄市武雄町の市道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。

 同署によると、信号のない交差点で乗用車と衝突し、この乗用車の助手席に乗っていた60代男性がけがをした。容疑者からは呼気1リットル中0・55ミリグラムのアルコールが検出された。

最終更新:4/26(水) 18:52
佐賀新聞