ここから本文です

島田晴香はAKB卒業後、なぜ芸能界に残らないのか? 井上公造が解説

4/26(水) 11:00配信

AbemaTIMES

 ゴシップ好きティーンのためのワイドショー『ゴシップジェネレーション』が放送され、芸能リポーター・井上公造氏(60)と駒井千佳子氏(51)が、モデルの小澤しぇいん(21)、土屋怜菜(17)、那須泰斗(17)の3人が興味をもっている芸能ネタを掘り下げた。

 土屋が気になっているのは、AKB48島田晴香(24)の引退。島田は18日、9月をめどにグループを卒業、同時に芸能界を引退することを発表していた。

 もともとAKB48のファンだという土屋は、「なんで芸能界まで引退しちゃうのかなって……」と残念そう。AKBを卒業しても女優などさまざまな道をすすむメンバーがいるにもかかわらず、引退という選択をした島田に、「もったいない!」とコメントした。

 これについて、井上氏は、「もともとAKBって、秋元さんがつくったときに、別に何になってもいいよ、ここは学校みたいなものだからと。テレビ業界でつくる側にまわってもいいし、モデルになってもいいし、普通に保母さんになりたければ保母さんの勉強をしなさい、青春の思い出を作る場所だからと。(島田も)引退して、彼女がやりたいことっていうのはあるんだと思う。現実には、最後の総選挙には出るから、そこで上位に入って思い出にしたいんです。彼女はAKBに入りたいから芸能界に入った。だからAKBを卒業するから芸能界にいる意味はないということです」と解説。

 「なるほど~」と納得していた土屋だが、自身についても「モデルができなくなったら……」と悩む表情をのぞかせる。しかしすぐに、「けど、応援してくれる方たちがいるから、申し訳ないなっていうのもあります」とコメント。モデルから女優になる人も多いことを提示されると、「確かに」とうなずきながらも、今はモデル業に全力投球の構えのようだ。(AbemaTV/『ゴシップジェネレーション』より)

最終更新:4/26(水) 11:00
AbemaTIMES