ここから本文です

新型コンパクトSUV、アウディ Q2発表会レポート

4/26(水) 20:03配信

オートックワン

◆2017年4月26日、新型コンパクトSUV”アウディ Q2“発表!

2017年4月26日、アウディから新型コンパクトSUV、アウディ Q2が発表された。ヨーロッパでは昨年から販売が始まっており、すでにいくつかの賞を受賞している。日本でもネットを中心に「#型破る」をマーケティングコンセプトとした、プロモーションが始まっているため、目にしたことがある方もいると思う。

>>【アウディ Q2】の画像を見る

特に印象的なのは、“一風堂”とコラボした異色のラーメン。一風堂の豚骨ラーメンにイチゴやコーンフレークを乗せ、さらにはチョコレートソースやパウダーシュガーを振りかけた逸品だ。味は定かではないが確かに「型破り」なチャレンジである。さらに発表会では、「スカイチャンバラ」なるアクティビティが提案され、様々な意味で“ぶっ飛んだ”企画に会場が少しざわついた。

◆新型SUV、アウディ Q2は若者向けのブレークスルーだ

アウディ Q2のコミュニケーションターゲットは30~40歳の独身やヤングカップルだ。ペルソナイメージとしては、情報感度が高い先進的なライフスタイルを送っており、個性を大切にし、ライフスタイルを自由に表現することに重きを置く人物だそうだ。

乗り出し価格が約400万円近いことを考えると、一般的にイメージできる“若者”というよりも、若くして成功した人物や、既にアウディをはじめとする輸入車を所有しているユーザーからの乗り換えが、リアルなターゲットとなるだろう。しかし、そういった様々な意味で“目立つ”“型破りな”人物がアウディに乗れば、アウディの認知度も上がり、将来的な顧客の獲得にもつながることが考えられる。

ゆえに、アウディの持つ世界観で幅広い選択肢を用意することが、新型コンパクトSUVであるアウディ Q2を日本に導入した理由の一つと考えられる。実際に想定する“若者”が買うかどうかは一旦置いておくとして、こうした“型破り”なモデルをネット中心にプロモートしていくのであれば、途中であきらめずに、最後まで徹底的に型にハマらないコンテンツを期待したい。 ちなみに、会場では一風堂とのコラボフードのプロモーションムービーが流れていたが、残念ながら食すことはできなかった。

1/4ページ

最終更新:4/26(水) 20:03
オートックワン