ここから本文です

【MLB】韓国“逆輸入”強打者、薬物疑惑を一蹴 “毎日検査”も歓迎「血液は沢山ある」

4/26(水) 20:08配信

Full-Count

4月11本塁打と量産でMLB記録も視野、2度目の薬物検査後に「疑念に反応」

 今季、韓国球界からメジャー復帰したブルワーズのエリック・テームズ内野手が25日(日本時間26日)のレッズ戦で今季11号2ランを放った。4月の月間本塁打数で球団記録(10本)を塗り替え、MLB記録の14本(2006年アルバート・プホルス、2007年アレックス・ロドリゲス)にも4試合を残してあと「3」。レッズ戦は6試合連続弾で、すでに今季8本塁打をマークしており、1チームに対してのシーズン本塁打記録(14本)にも「6」とした。ブルワーズは同地区のライバルであるレッズ戦をあと13試合も残している。

【動画】開幕から絶好調、驚愕の飛距離を生むテームズの本塁打

 韓国では3シーズンで通算124本塁打を放ち、“GOD(神)”と崇められたテームズ。ただ、渡韓前は11、12年の2シーズンをブルージェイズ、マリナーズでプレーし、通算181試合で打率.245、21本塁打、62打点で、2013年は1度もメジャーに昇格できずにシーズンを終えていた。それだけに、打率.371(リーグ4位タイ)、19打点(同5位タイ)、出塁率.482(同4位)、長打率.929、OPS(出塁率+長打率)1.411(ともに同1位)と圧巻の成績を残していることに、“疑惑”の声が上がっている。

 MLB公式サイトでは「素晴らしいスタートの後、テームズが疑念に反応する」とのタイトルで特集記事を掲載。「エリック・テームズは疑念について理解している。特に3年海外でプレーした後、もし他の打者が記録的ペースで本塁打を放っていたら、テームズは疑念を抱くだろう」と伝えている。

「疑念」とは、禁止薬物を使用しているのではないかというもの。対戦相手の選手がテームズの禁止薬物使用を疑うような発言をしたこともあった。ただ、テームズはこの日の試合後に今季2度目の無作為の薬物検査を受けたといい、記事では「『何か服用している』に違いないと噂する人々に対して反応を示した」と言及している。

指揮官も擁護「このような活躍を続ける選手がいると、畏敬の念を抱く」

「もし僕が薬物を使用していると人が思うなら、僕は毎日ここにいるつもりだ。僕には沢山の血液と尿があるからね」

 テームズは取材に対して薬物検査を毎日受けてもいいと話し、“疑惑”を一蹴。MLB公式サイトは、「今回は尿に加え血液も検査対象となった」と説明した上で「スプリングトレーニングでは、全選手が同様のテストを受けなければいけない。少なくとも、テームズは12月にミルウォーキーと3年契約を結んでからテストを3度受けている」と強調している。

 デビュー当時は鳴かず飛ばずで、活躍の場を求めて韓国に渡り、圧倒的な数字を残して再びメジャーへの扉をこじ開けた苦労人。それだけに、本人は「ここに戻ってくるために、遠回りをしてきた。すべてに僕は驚いている。今年、特に目標はないんだ。記録を達成しようと努めているわけではない。韓国で学んだことを活かして、ここで挑戦したいんだ。結果に驚いている。僕はただ野球をプレーするためにいるんだ。そして、健康的であるために最善を尽くしている。できるだけ、精一杯やろうと思っている」とも話している。

 また、ブルワーズのクレイグ・カウンセル監督も「このような活躍を続ける選手がいると、少しばかり畏敬の念を抱くんだ」と周囲の雑音に“反論”したという。このまま結果を残し続ければ、周囲の見方も変わってくるだろう。

 記事の中で、テームズは「歴史を作るのは楽しいよ」と自信をのぞかせている。まずはMLBの4月月間本塁打記録の更新となるか、残り4試合に大きな注目が集まる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/26(水) 20:37
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/24(木) 19:00